最近の風 - 最新エントリー

岩崎の秋祭りと子供樽神輿

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2017-10-8 20:30
平成29年10月8日
岩崎のお宮は春日三社といい、一つのお社に「春日神社」「八幡大神」「加茂大神」の三つの神様がお祀りされています。?秋の大祭には、餅撒や子供相撲があり、子供たちには楽しいお祭りでした。ところが昭和40年過ぎから小子化のため子供相撲も無くなり寂しいお祭りとなりました。?昭和58年に子供に「楽しいお祭り」をと、当時の親たちが考えて、子供樽神輿を作ろうと、お父さんたちは神輿を、お母さんたちは子供用のハッピをと毎晩公民館に集まり作り上げました。?村にあった約百年前の太鼓も革を張り替え、お祭りに音頭をとっております。小学生はもとより中学生も幼い子供も、また、親戚や他の地でお住まいの子供たちもお祭りに参加し、田舎の楽しい村祭が行われています。

「百年前の太鼓」伝説
岩崎の春日神社には、元々太鼓神輿があったそうです。神輿の屋台は二村神社(真南条)に納められた。(担手がいなくなったのか、寄贈したのか理由は定かでない)太鼓だけが岩崎村に残り、村集会の寄せ太鼓として昭和30年代後半まで打ち鳴らされていた。

 

 

 

平成29年10月7日

 真南条の二村神社で10月7日(土)・8日(日)秋祭りが行われた。久しぶりに太鼓神輿が奉納され、境内に元気な掛け声と太鼓の音を響かせました。
 夜宮の7日(土)一基の太鼓神輿が真南条地内を回り、夜には三ケ村の高張りとともに勇壮に宮入し、神社境内を練り歩きました。
 8日(日)の本宮では本殿において神事が執り行われ、五穀豊穣への感謝と地域の安全がお祈りされました。その後太鼓神輿の練り歩きと餅まきがあり、この日ばかりは境内では久しぶりに賑わい、鎮守の森も活気で溢れていました。
 今から60年数年ぐらい前まで二村神社の秋祭りは、「真南条の喧嘩祭り」として有名でした。各集落から三基の太鼓神輿が互いにぶつかり合う、それは勇壮なものでしたが、喧嘩祭りもなくなりました。また、奉納されていた引山(ダンジリ)の姿を知る人も年々減ってきています。
 平成15年頃まで各集落で太鼓神輿を出していましたが、少子高齢化などで各集落とも太鼓神輿を出すことが難しくなり、高張り奉納のみの祭礼でした。平成19年から21年にかけて始めて三ケ村で一基出ましたが、その後出ていません。
 しかし、歴史ある二村神社の祭礼で太鼓神輿を子供たちに体験させ、良き歴史的文化を継承することが大切との話から、村の役員さんが中心に話し合い、住民のご理解とご協力のもと8年ぶりに復活することが出来ました。今後太鼓神輿の保存は大変ですが、この素晴らしい伝統が続けられることを願っています。

城南の風チャンネルでは平成6年の祭礼、太鼓神輿の様子をご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=ytwkTO_69JE&t=4s
https://www.youtube.com/watch?v=aU-o9yvvs8k&t=14s

 

 

リサイクルバザー

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2017-9-23 20:30

平成29年9月23日


 9月17日(日)に予定されていた体育大会が、台風23号のため昨年に続いて中止になった関係で、まち協文化部主催のリサイクルバザーのみが9月23日(土)コミセンで開催されました。
 今年も各集落からタオルやシーツ、洗剤、衣類、食器類その他善意の品物が多数寄せられ、これらを格安の値段で販売するもので、当日開始時間の正午よりかなり前から行列ができました。予定通り午後3時に閉店しましたが、売上額は、5万円強になり、まち協の諸事業の経費として使われます。
 まだ少し品物が残っていますので、11月6日(日)に城南小学校体育館で開催される文化祭・収穫祭の会場でも販売しますので掘り出し物を見つけてお買い求めください。

 

 

まち・むら交流「成徳米」収穫祭

カテゴリ : 
まちむら交流
執筆 : 
masahiko 2017-9-10 20:30

平成29年9月10日(日)


 抜けるような秋晴れの下、神戸成徳地区から71名のお客様を迎えて成徳米収穫祭と称し、稲刈り作業が行われました。
 今年の5月13日、野中地区の大西さんの約3アールの田んぼに手植えした苗が見事に黄金色に実っており、これをのこぎり鎌で刈り取る作業に挑戦しました。子供たちも小さな手に恐る恐る鎌を持ち一生懸命作業をし、一部稲木にかけたりしながら約1時間で作業は完了しました。
 今後、大西さんに乾燥、もみすり、精米の作業をお願いし、10月には成徳地区の皆さんに新米を味わっていただける予定です。
 お昼は、アグリステーションで昼食です。栗や黒豆入りのおにぎり、あんもち、地元の野菜を使ったてんぷらなどのお昼ご飯に、一同大満足の様子でした。
 午後は、岩崎でさつまいも掘りです。大人も子供もシャベルで芋掘り作業、大きな芋が現れるたびに歓声を上げながら汗をふきふき作業を行いました。
 午後3時ごろさつまいものお土産を手にしながら帰路に着かれました。
 作業にかかわっていただいた皆さん、また料理を担当していただいた皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

 

 

平成29年9月2日

 9月2日(土)開催された第12回篠山市グラウンドゴルフ大会において、スポーツクラブ21城南グラウンドゴルフ部が、19地区26チーム出場の中で見事優勝を飾られました。
10月12日に洲本市で行われるスポーツ21ひょうごの全県大会に出場されることになりました。健闘を祈ります。

なお出場選手は、写真前列左から 小林豊さん、大森三千子さん、中溝房子さん
後列左から 深田満男さん、小林元弘さん、中溝光男の6名です。

 

*10月12日の全県大会には、深田さんの代わりに畑中巧さんが出場します。

 

スポーツクラブ21城南グラウンドゴルフ部は、毎月第2、第4土曜日の13時00分から城南小学校グラウンドで練習をしております。興味のある方は、練習日に遊びに来て下さいお待ちしています。

(中溝光男)

 

平成29年8月27日(日)


平成29年度まち協体育部主催の囲碁ボール大会がコミセンの2Fで開催されました。参加チームは4チームと昨年度と同様に少なく寂しかったのですが、一戦毎に白熱した戦いが展開されました。その結果、真南条中チームが見事に優勝と栄冠を手にされました。
なお準優勝は小枕チーム、第3位は栗栖野チームでした。選手の皆様、関係役員の皆様ご苦労様でした。次年度は少しでも多くのチームの参加を期待しています。

 

 

まち協先進地視察研修会

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2017-8-26 20:40

平成29年8月26日(土)


 まち協産業振興農業部主催の先進地視察研修会が8月26日(土)に行われました。今回は豊岡市の「中谷農事組合法人」視察と同市出石町の「そば藤」でそば打ち体験を行いました。参加者は各集落代表者、各営農組合員そしてまち協役員など25名が参加しました。
 午前8時コミセンを出発し、9時30分から中谷農事組合法人を訪れました。当集落は42戸うち農家戸数(組合員)33戸、耕地面積は28.3ha、受託面積は36.3haで経営面積は64.6haです。同組合法人は、昭和62年から営農組合で1集落1農場方式を取り入れ、昭和63年には大規模圃場整備(例えば1.5ha/筆もあり)、水稲+麦+大豆の土地利用型農業を実践。平成5年には減農薬特別栽培米「六方銀米」を栽培、平成10年には農事組合法人として現在に至っている。
 法人の組織には女性グループや女性理事、若手会議も協力体制として組織化され多様な意見を求めている。工夫されている点は
?組織として職員やパートを雇用しているがメモとして健康診断(カルテ的なもの)を出してもらう。職員等に3?5年後の意見を聞いている。
?大規模区画での草刈りは大変。そこで考えられたのが、草刈作業の一部は若手を草刈り隊として任している。
?子供達と高齢者が一緒に黒豆の栽培や環境保全活動で彼岸花の植栽、納豆作りなどにも挑戦。
?当集落には何人かの外国人が生活していて、世界の料理教室も開催するなど営農面だけでなく幅広い活動が行われている。
 特に感じたのは、組合長のリーダーシップ、営農面だけでなく集落と一体的な活動が人をつくり、村をつくり、未来をつくるものだと思いました。11時過ぎには昼食を兼ねて出石町でそば打ち体験をしました。今回参加者はそれぞれの立場で参考になったと思います。

 

 

平成29年8月24日(木)


 天候に恵まれ、9時20分から愛宕山の中腹にあります愛宕堂の勝軍愛宕地蔵尊法要、下山して10時50分僧堂内の阿弥陀仏の施餓鬼供養、11時30分に住職から法話があり、最後に懐かしい餅まきが行われました。法話の中で「人生でいつまでも輝きを失わぬ価値に熱心であれ」という言葉に感銘しました。残暑厳しい日々でしたが、参拝された約30名の方々は法話と森林浴で心がスッキリしたのではないかと思いました。

 

愛宕堂の言われ(文責 龍蔵寺 法山氏)
 龍蔵寺では愛宕山の中腹に愛宕堂を祭っています。愛宕大権限と言われ、江戸期まで神であり仏であり、火の災難から守っていただく勝軍地蔵尊が祀られています。子供を背中に背負ってお参りする方があり、やけどに遇わないで元気に育つように祈られています。お堂に向かう石段は、人の厄年に合わせた段数になって踊り場があります。勝軍地蔵尊は650年ほど昔、天狗岩に愛宕尊が姿を見せ、そこに尊像をお祀りしたと伝えられています。お姿は戦いに出る姿のいかり鎧に兜を着けられ白い馬に乗せられた珍しい地蔵です。室町期では世は災いが続き平安な生活をみんなが求めていた時代でありました。今も愛宕堂では護摩を焚き、人の中に潜む煩悩、怒り、無知でおごる心を焼き尽くして、穏やかな生活を営めるよう祈りが続けられています。
 この山での山岳信仰は既に奈良期から取り組まれていて、山の精、水の恩、太陽の恵みを心しながら峰を歩いて行をする形はありました。天狗信仰に形を整えてゆき、太郎坊、治郎坊が愛宕尊の両脇を守っています。鼻かぎ名人すけたろうの民話はここから出ています。江戸期には篠山城主が城下の平安を願い、ここに参拝され、仏画を寄贈されているのが残っています。お堂に向かう両側にはいくつもの平らな屋敷跡が見られますが、修行僧の行をしていたお堂があったところです。お寺の下にあります田口池は青山城主の造られた灌漑池です。
 なお愛宕尊大祭は年2回行われ次回は2月24日です。一度、森林浴を兼ねてゆっくり登ってみてください。

 

勝軍愛宕地蔵尊法要

 

 

阿弥陀仏の施餓鬼供養

 

まち・むら交流 デカンショ祭り

カテゴリ : 
まちむら交流
執筆 : 
masahiko 2017-8-16 20:50

平成29年8月16日(水)


 恒例行事となった城南*成徳交流デカンショ祭りとして8月16日(水)成徳一行33名をお迎えして三の丸広場でのデカンショ祭りに参加しました。夕方大型バスで到着した一行をお迎えし、先ずはアグリステーションで城南の調理スタッフが地元食材をふんだんに取り入れ、腕によりをかけてこしらえたおにぎり弁当で腹ごしらえ、夕暮れがせまる会場へ駆けつけました。
 昨年は、現地まで行きながら大雨のため中止となったため、城南、成徳とも今年こそは…と気合が入っていました。19時10分、ヨーイヨーイデッカンショの掛け声で総踊りが始まるや否や、「まち・むら交流連」の看板のもとに踊りの輪に加わり、延べ三度も大ヤグラの舞台に上がって踊りを存分に楽しんでいました。
 踊りに加わらない人も近くによって踊りを見物したり、屋台を冷かしたりそれぞれ大いに楽しんでいました。20時10分からは恒例の花火の打ち上げ、今回は好天に恵まれたためかいつもに増して美しい花火に一行感嘆の声。踊りの皆さんは最後に一踊りして北の小嶋医院様の駐車場へ歩きました。21時30分ごろ名残を惜しみながらバスで帰宅の途につかれました。

 

 

校樹くすの木の再復活

カテゴリ : 
お便り
執筆 : 
masahiko 2017-8-16 20:50

 城南小学校では、設立144周年にふさわしい古木くすの木が校樹として、卒業生、多くの在校生や地域の人達に親しまれています。
このくすの木は、明治43年、真南条下の松尾権吉さんから送られた、100年以上の古木です。昭和59年の寒波で弱り、枯れるのではないかと心配されましたが、見事元気を取り戻し、復活しました。そのたくましさを讃え、それ以来、校樹に制定されています。
ところが、昨年多くの太い枝が新芽を出さずに枯れてるのではないかと心配されていましたが、専門の樹医による手入れの甲斐あり、新芽を出し、この夏、濃い青葉を繁らせ、この再復活に先生方も一安心です。
 
くすの木の復活、由緒については資料書庫でご覧になれます。

 

 

新芽を出し始めた頃この夏、青々とし繁りました

 

 

校樹の言われが書かれた表示看板

メインメニュー
過去に吹いた風
最近の風のトップへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆