最近の風 - 地域のイベントカテゴリのエントリ

城南地区福祉会議開催

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2020-2-15 20:30
令和2年2月15日(土)
 城南地区福祉会議が城南コミセンで開催されました。参集者は自治会長、民生委員・児童委員、民生・児童協力委員、福祉委員、スポーツクラブ21などの関係者が参加。
 まず城南地区まちづくり協議会会長西潟氏より、高齢化対策は早い目から行うことが大切と指摘。市の社会福祉協議会から地区福祉会議を開催する意義やこれまでの取り組みについて説明を受けました。
 実践発表が行われ、小枕自治会長の西山治郎さんより”ふれあい・いきいきサロン”の活動について発表。6年目で、毎週土曜日9時〜11時公民館で開催。参加者は平均17名で自治会あげて運営し、健康チェック、健康体操、茶話会11時に終了。その後参加者は多目的グランドでグランドゴルフ又はおしゃべりで過ごします。
 成果として、生活環境にメリハリがついた。長距離歩行もスムーズに歩けるようになった。地区で行われるグランドゴルフの優勝回数が増えたとのこと。
 次に真南条中の廣瀬はるみさんより”いきいき倶楽部”の活動について発表。サロンを休止後に立ち上げ2年半、毎週火曜日9時半より約1時間公民館で開催。スタッフ含めて13名程度が参加。9時前にスタッフが準備し、来られた順に血圧チェックと重りの準備。事前運動として、「コグニサイズ」でお顔をほぐします。そしてデカボー体操を実践。ただ単に体を動かすだけでなく、スタッフが「ゆっくり意識してとか、大きな声で歌いながら」など言いながら行っています。体の調子が良い、体力がつき大きな声が出るようになった、いろいろな情報が得られるなど参加者の声。7月と12月には茶話会を、年に1回は体力測定を行っています。今後体操仲間を1人でも多く増やしたいとのこと。
 意見交換としてテーマ「定年後の楽しみ方」について5班に分かれて話し合い、各班より発表があり、健康第一、農業に力を入れている、1日一万歩目標など多くの意見がありました。
 閉会の言葉として前川事務局長より、退職後男は取り残されているとか、居場所の確保、生き甲斐を持つことが大切であるとのことでした。

 


 


 

囲碁ボール大会

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2020-1-25 20:00
令和2年1月25日(土)
 城南まち協体育部主催の囲碁ボール大会が13時より、城南コミセン2階大会議室で開催されました。当日の参加チームは団体5チーム(1チーム5名)と混成(個人参加5名)1チームの6チームで各チーム3回(1回最大5ゲーム)対戦して、その勝敗を競いました。いずれのチームも真剣で白熱した展開に時折歓声も上がり、相手チームの好ショットに「敵ながらあっぱれ」と相手チームを称える言葉も聞かれ、参加された皆様は日頃の練習の成果を存分に発揮されて楽しい一日を過ごされました。
 成績は次の通りです。

優勝   谷山チーム
準優勝  栗栖野チーム
第3位  混成チーム

 次回、皆様の参加をお待ち申し上げます。

 


 


 
令和2年1月18日(土)
 城南まち協文化部主催で城南地区まちづくり懇談会が、コミセン城南会館で開催されました。
 始めに西潟会長より開会挨拶があり、北山共有林の間伐状況や林道(作業道)の設置状況等について紹介がありました。来賓として丹波篠山市の酒井市長、城南小学校の中野校長、篠山警察地域課の宮永警部補、丹波篠山市の野々村部長にご出席いただきました。
 本題の「城南地区の防犯について」と題して篠山警察署地域課警部補宮永智明様によりご講演いただきました。最初に大卒後の平成19年4月?平成29年3月までの経歴についてお話がありました。平成29年4月から3年目を迎えられた城南駐在所での日常活動や篠山警察署管内でどのような犯罪や交通事故が発生しているかなどについて詳細にお話を聞きました。
 犯罪について大部分が車上荒らしで、近隣の市から見ても特に多いとのこと。市内でも東側より西側が多く、国道沿いに多発しています。被害事例として農作業中、助手席のガラスが割られ助手席に置いていたカバンや財布が被害にあった。また自宅内や会社の駐車場、更に墓参り中でも同様の被害に会っているとのことです。対策として常識的なことでありますが、車は必ず施錠とカバンや財布などを車内に置かないよう心掛けることです。
 交通事故の発生状況ですが、季節に関係なく毎月100件程度の事故が発生しています。時間帯は18?20時の夕暮れ時で、横断歩道での事故が多く、特に高齢者による事故が目立っています。
 駐在所の活動は通学路の見守りや山岳訓練や水難訓練も行っているとのことです。
 また篠山警察内では「ササヤマケイサツ?デカンショ節?」を募集され、応募・採用された宮永警部補の一節を紹介

♪〜声を掛け合って 地域で守ろう 故郷の宝 子の笑顔〜♪
♪〜田んぼに出るなら 戸締りしよう 留守を狙った 空き巣ドロボウ〜♪

 最後に丹波篠山市の酒井市長が挨拶され、篠山医療センターでの分娩休止対策、ホテルルートイン丹波篠山(仮称)への対応、休館中の篠山荘の活用企業募集、清掃管理センターの継続可能についてお話がありました。また市のキャッチフレーズ「日本の宝石ワクワクシティ丹波篠山」を発表されました。
 本日の参加者は事務局と来賓含め32名で有意義な懇談会でした。

 


 


 
令和1年12月23日(月)
 天気の良いなか、幼稚園児46名がアグリステーション丹波ささやまにてお餅つきをしました。当日は城南まち協スタッフが早朝より昔さながらのおくどで蒸し、その姿を子供たちに説明。子供の出番になると子供用の杵を力一杯振り上げ、「ヨイショヨイショ」と掛け声に合わせて4升分の餅が完成しました。早速安部川餅、醤油餅、あん餅にして子供たちはそれぞれのお餅をお口一杯ほうばり満足の一日でした。

 


 


 


 

グラウンドゴルフ大会開催

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2019-11-24 20:10
令和元年11月24日(日)
 9時からグラウンドゴルフ大会が晴天の下、城南小学校グラウンドで開催されました。当日参加チームは団体10チームと個人8人の団体と個人の混合で12チームを編成し2回行いました。いずれのチームも日ごろの農作業の疲れも忘れ今まで培ってきたグラウンドゴルフの技術を如何なく発揮し楽しい日を過ごしました。

成績は下記のとおりです。(敬称略)

団体の部        個人の部
1位  小枕       1位  大森三千子(小枕)
2位  北        2位  尾崎幸子(小枕)
3位  真南条上     3位  小林 豊(真南条上)

 またホールインワンは16人で内2人は2回ホールインワンで日頃の成果が発揮されました。
 

城南地区文化祭 & 収穫祭開催

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2019-11-17 20:30
令和元年11月17日(日)
 13:00より文化祭及び収穫祭が城南小学校体育館で開催されました。
【文化祭】(文化部主催)
 文化祭ではまず最初に女性コーラス「ゆうゆうゆう」による合唱で「愛燦燦・真っ赤な太陽」、陽翔会3名による日本舞踊「京の四季・助六さん・恋紅葉」、井ノ上ハーモニカクラブによる演奏「里の秋・鐘の鳴る丘・上野駅」、恵会による三味線で3名の方が「白雲の城・八上城・ああ篠山城」を、浜田氏によるエレキギター演奏され、日頃練習を積まれた成果を発揮されていました。そして最後に参加者全員でもみじとふるさとを合唱しおおいに盛り上がりました。
【秋の収穫祭】(産業振興農業部主催)
 恒例の農産物品評会が行われ、各集落から農業者が丹精込めて育てられた農産物が出品されました。黒枝豆の部は12点、山の芋の部は11点、秋野菜の部は白菜や大根など15点と参考品として珍しい山の芋の2種類計47点が出品され、3部門ごとに審査し、優秀者に表彰状と記念品が贈られました。 近年、夏期の平均気温は上昇傾向で、異常気象等影響でご苦労されたにも関わらず、特産黒枝豆や山の芋そして各種野菜の立派な農産物が出品され審査をし、秋野菜については即売されました。 各部門の受賞者は以下の通り(敬称略)

   まち協会長賞  自治会長会会長賞  JA丹南支店長賞
 山の芋の部  西山幸治(小枕)  佐圓茂雄(宇土)  堀本雅夫(北)
 黒枝豆の部  塚本逸男(野中)  畑中源文(小枕)  本荘 巧(真南条中)
 秋野菜の部  佐圓正樹(宇土)  佐圓茂雄(宇土)  酒井喜久子(栗栖野)

 販売部門では、アグリステーションがおはぎと赤飯、JAには出店をお願いし、米粉パンを販売、いずれも完売。またリサイクルバザーも大部分の品物が販売されました。また幼稚園から小学6年生までが日常描いた絵を体育館の周囲に展示し、児童クラブの子供たちが作成したリース等の作品も展示してくれました。 農産物品評会表彰式後にお楽しみ抽選会を行い、終日会場は賑わいを見せていました。

 


 


 


 


 

黒豆の定植

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2019-6-25 20:40
令和元年6    月25日
 城南小学校3年生29名が、アグリステーションの農場に入り黒大豆の定植を体験しました。スタッフから苗の植え方の説明を受け、畑に入り1時間で植え終わりました。
 定植後、水遣りも体験し、子供たちはやった!という満足感でいっぱいでした。中には、もっとやりたいという子供たちもおり、中耕培土前に雑草が茂るようなら草引きも体験してほしいと考えています。
学校から徒歩1分の畑なので、今後も自分たちの植えた黒豆の育つ過程をじっくり観察して欲しいと思っています。
 同日、城南小学校、幼稚園学校運営協議会が開かれ、今年度の幼稚園の教育目標が「自然と遊ぼう みんなにこにこ」となりました。アグリステーションはこれに協力し、園児たちに故郷の良さを実感できるお手伝いをしていきます。

 


 


 
令和元年6月10日(月)
 城南地区まちづくり協議会は小学生や幼稚園児に社会体験の場所を提供し、子供たちが地元の良さを実感できる手助けをしています。
 その活動の一つとして6月10日(月)アグリステーション丹波ささやま前の圃場で城南小学校3年生(29名)が黒大豆の種まきを体験しました。当日は雨の天気予報で作業が危ぶまれましたが、幸い曇り空で絶好の種まき日和となりました。まち協スタッフから種まきから植付けまでの過程について説明を受けたあと、圃場の苗床への播種作業を行いました。
 穴の開いた播種板に一粒一粒種をまき、種まき後播種板を外し、豆が無いところや多すぎるところを修正し、子供たちの作業は完了しました。その後スタッフが覆土し太陽シートを被せ播種作業は終わりました。
 天候が順調なら6月21日(金)には子供たちによる定植を予定しています。

 


 


 
令和元年6月1日(土)
 13:30から城南地区まちづくり協議会の通常総会がコミュニティセンター城南会館で開催されました。松尾会長が挨拶、来賓代表として丹波篠山市企画総務部橋元工秘書課長より当協議会は児童クラブの運営や都市交流の実践を積極的に実践されていると挨拶がありました。来賓として城南小学校・幼稚園の中野龍文校長及び足立真一郎教頭、サポート職員として農業委員会の西牧成通事務局長及び市民生活部市民安全課杉野和則課長に出席していただきました。
 本総会は会員109名のうち出席者49名、委任状49名の過半数以上の出席で総会設立宣言。議長に西牧成通氏(谷山)を選任し、7号議案まで上程されました。

1号議案  平成30年度事業報告(活動実績)

2号議案  平成30年度会計報告・監査報告

3号議案  組織・制度の変更について
       部の統廃合 ・ふれあい教育部は体育部に統合
             ・まちむら交流部はアグリステーション部に統合
             ・開発部は総務部に統合

4号議案  組織・役員の承認について
       協議会の組織変更と役員の承認について
       *議案承認後、松尾前会長より退任挨拶がありました。

5号議案  規約改正
       3号議案で組織・制度改正の変更に伴い現行の11部を8部に

6号議案  平成31年度(令和元年度)事業計画(案)について
       各部の活動方針について説明。特にアグリステーション部は4年目を迎えたが
       アクションプランでより積極的に取り組む。

7号議案  平成31年度(令和元年度)予算(案)について
       質疑があり、アグリステーションは近い将来独立される方向だが、役員会で
       貸借対照表など関係諸帳簿により絶えずチェックしてほしいとの意見がありました。

 まちづくり協議会は地域住民の団体であり、地域住民が理解し参加されることが重要であると感じました。
   参考:インターネットで「城南の風」を入力されると過去に吹いた風がご覧になれます。




令和元年5月12日
 野中「多目的広場」で午前10時より大声コンテストが開催されました。槇ガ峰連山に向かって「たんばささやま〜」と会長の一声から皆さんでお祝いの大声を上げました。また、午後2時からはグラウンド・ゴルフ大会が開かれました。

 



 
=野中自治会よりお知らせ=
グラウンド・ゴルフスタートしました。城南地区の皆さん、初心者歓迎、用具も用意しております。
参加費用は1回100円、自主運営です。

詳細は世話人:畑中 巧  594?3898
戸出 裕之 594?0330 まで

予定日、7月6日(土)午前9時から午前中
7月21日(日)午前9時から午前中
≪主管は野中自治会長≫


 
メインメニュー
過去に吹いた風
最近の風のトップへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆