最近の風 - 地域のイベントカテゴリのエントリ

平成30年12月26日(水)
 年末押しせまった12月26日、栗栖野自治会及び女性会共催の「生け花講習会」が同公民館で実施されました。
 これは、篠山市社会福祉協議会の助成を受けながら10年以上続いている行事で、迎春にふさわしい花材をもとに、会員の有志が講師を務め模範の活け方を披露し、老若男女の参加者それぞれが工夫しながら自分流にアレンジしながら生け花を楽しみました。
 そこにはお互いに褒めあったりアドバイスをしたり…とても明るく暖かい空気が流れ、良いふれあいの機会になりました。
 作品は、それぞれ持ち帰り各家庭のお正月の床の間やお部屋を明るく飾ることでしょう。

 


 


 

餅つき大会

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2018-12-20 20:50
平成30年12月20日(木)
 12月20日(木)アグリステーションで城南小学校1年生20名と幼稚園年少組22名、幼稚園年長組26名が授業の一環として年末年始の暮らしを体験しました。
 その体験とは餅つきで、当日は早朝よりまちづくり協議会と幼稚園の保護者がスタッフとして対応しました。  
 子供たちは9時過ぎから一斗二升の餅米をスタッフに助けてもらいながら、慣れない手つきで力一杯杵を持ち上げつきあげました。そしてきな粉やあんこ、砂糖醤油やおろしの4種類の餅をスタッフにより作ってもらい、美味しく口一杯ほうばっていました。
 子供達からはホッペタが落ちそうなぐらい美味しかったとか、餅つきが出来て大変良かったなど様々な意見が出ていました。最後に子供たちに一番おいしかった餅との問いかけには、砂糖醤油餅で次にきなこ餅やあんこ餅とのことでした。最近各家庭で杵による餅つきを体験する子は僅かであり、良き思い出となったと思います。

 


 


 


 

文化祭・収穫祭開催

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2018-11-18 20:00
平成30年11月18日(日)
 まち協文化部及び産業振興農業部主催の今年度文化祭・収穫祭が、秋晴れの下、城南小学校体育館で開催されました。
 西牧文化部長の開会のあいさつに続き、来賓代表として市名変更の住民投票及び辞任して市長選を戦っておられる酒井市長に代わり、篠山市の野々村市民生活部長からご祝辞をいただき、文化祭が始まりました。
 文化祭では、合唱、詩吟、日本舞踊、民謡、三味線、樽太鼓など日ごろの練習で鍛えた腕前を存分に発揮した熱演が披露されました。
 また、農産物品評会では、丹波篠山の特産品の山の芋の部、黒枝豆の部、そして秋野菜の部ごとに丹精込めた自慢の品が多数出品されました。今年は、黒大豆が近年になく不作と言われた中でも立派な枝と根の品が提出され、さすがプロと思わせるものでした。
 秋野菜でも天候不順にもかかわらず、白菜、キャベツ、大根をはじめいろんな野菜が出され、最後は格安で皆さんに販売されました。
 最後にお楽しみ抽選会があり、レストランのお食事券などの賞品が子供たちにもあたり、大いに盛り上がりました。
 その他、会場では、まち協10年の歩みの写真、小学生の写生の作品、パッチワーク作品の展示、またJA味土里館の米っ粉パンやアグリステーションのおはぎや赤飯の販売もあり、にぎやかな催しに花が添えられました。
 なお、品評会で表彰を受けられた方は、次の通り。(敬称略)


   まち協会長賞  自治会長会会長賞  JA丹南支店長賞
 山の芋の部  佐圓茂雄(宇土)  西山幸治(小枕)  酒井由雄(真南条中)
 黒枝豆の部  畑中源文(小枕)  畑中卓也(小枕)  岸本康宏(真南条中)
 秋野菜の部  西山幸治(小枕)  酒井弘司(栗栖野)  溝畑久男(宇土)


 


 


 


 
平成30年9月23,24日
 9月23,24日 表記「伊能忠敬・五国の足跡フォーラム in 笹山」が篠山で開催された。
 1日目は、伊能忠敬笹山領探索の会会長 加賀尾宏一さん他、兵庫県内から8団体がそれぞれの活動の紹介を通して県内の連携を深められた。
 参加団体の中には、測量士による測量学習、当時の道具までも作った団体もあった。目先のことに拘泥されることなく強い信念のもと事業を押し通した忠敬の人柄、晩年の生き様に共感した人たちで篠山市福祉センター2階の会場が埋め尽くされた。
 2日目は、篠山市内に設置された12の標柱巡りが行われ、周辺環境にマッチし整備された宇土の標柱では、佐圓正樹自治会長より宇土観音(弘誓寺)や測量の道を紹介していると、心地よい秋の日差しに誘われ参加者の希望で宇土観音にも足を運ぶことになり素晴らしい伽藍配置の中、檀家でもある自治会長による詳しい案内をしてもらいバスツアー気分を満喫していた。(紹介内容の詳細は、資料書庫「宇土地区の名所紹介」)

 


 


 


 
平成30年9月23日
 前日の降雨により小学校の運動会が9月23日(日)に行われたため、予定していました体育大会が3年間続けて中止になりました。しかしまち協文化部主催のリサイクルバザーは同日コミセンで盛況に開催されました。
 今年も各自治会から洗剤やタオル、衣類や食器類その他善意の品物約830点が寄せられました。当日は12時30分から開始し、多くの方々が品定めをしながらお買い上げいただきましてありがとうございました。
 今年の売り上げは約4万円で、まち協の諸事業の経費として有効に活用させていただきます。ご出品願った方々及びご購入願った方々のご協力に感謝申し上げます。
 まだ少し品物が残っていますが、11月18日(日)に城南小学校体育館で開催される文化祭・収穫祭の会場でも販売しますので、是非お買い求めください。

 


 


 


 
平成30年7月22日(日)午前9時〜
(参加者総数:61名)
 平成時代最大の豪雨災害と言われた「西日本7月豪雨災害」以降から続いた、「命に関わる危険な暑さ!」と報道される猛暑の中で、8チーム・61名の城南地区住民の皆様が参加され、城南小学校グラウンドで開催されました。
 大会実施にあたり、体育部は熱中対策として、(1)選手は競技中も含め十分「水分・塩分等」を補給すること。(2)ゲーム終了後はコミセン1階のクーラーの効いた各部屋で休憩すること。(3)外気温が健康維持上に支障があると判断した場合は中止もあり得る。との約束の上で、2ゲームの熱戦が繰り広げられ、団体戦では「小枕チーム」が、個人戦では「小林元弘様(北)」がそれぞれ僅差で優勝されました。表彰者は以下のとおりです。

【団体戦】            【個人戦】
優 勝・・・ 小枕(263打)     優 勝・・・小林元弘氏(北・38打)
準優勝・・・ 北 (265打)      準優勝・・・前川 博氏(小枕・39打)
第三位・・・ 宇土(295打)      第三位・・・酒井政子氏(北40打)

【ホールイン・ワン賞】       ※ ( )回数表示の無い場合は(1回)
小 枕 チーム・・・ 畑喜代次氏、畑中源文氏、坂部千鶴子氏、西山 浩氏
真南条上チーム・・・ 小林 豊氏
真南条下チーム・・・ 宮本俊輔氏
北   チーム・・・ 藤本豊昭氏(2回)、藤本貴成氏、酒井政子氏

 参加選手をはじめ、自治会長会、体育部員の皆様、まち協スタッフ、お世話になった全ての皆様のお蔭で、怪我・心配していた事故もなく無事終了したことに感謝とお礼を申し上げます。

 


 


 


 

篠山市消防団ポンプ操法大会

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2018-6-24 20:10
平成30年6月24日
 平成30年度篠山市消防団ポンプ操法大会が6月24日篠山市矢代のユニとピアささやまで開催されました。2年に1回の開催で団員796人が見守る中、107人が放水技術を競いました。
 小型ポンプの部19チームが出場し、優勝は第14分団(西紀南)、7月に県消防学校(三木市)で開かれる県大会に出場します。準優勝は第16分団(味間北)、3位は第11分団(岡野)、参加者はきびきびとした動作と掛け声で競技をしました。写真は18分団(城南)

 


 


 
平成30年6月22日
 城南地区まちづくり協議会は小学校や幼稚園では経験できない社会体験として6月11日に小学校3年生(29人)が黒大豆の種まきをしましたが、第2弾として6月22日(金)に同学年が「アグリステーション丹波ささやま」の前にある圃場に黒大豆の植付けを体験しました。植付ける前に、苗の各部の名前と役割、そして植付けのポイントについてスタッフが説明。今年の苗は発芽歩合も高く、植え付け適期の苗となりました。
 今回は2人がペアで、1人当たり20本をバケツに入れ、畝ごとに分かれ、50cm間隔に穴を掘り植え付けました。ペアによっては競争になり、早く植え付けるペアやゆっくりタイプのペアと様々でしたが、1時間で約7aを植付けることが出来ました。短時間でしたが、この体験が大人になっても良い思い出となり、味覚の秋には黒枝豆の収穫を楽しみにしていました。

 


 


 


 
平成30年6月11日
 城南地区まちづくり協議会は小学校や幼稚園では経験できない社会体験の場所を提供し、子供たちが社会に適応し、社会貢献、生きがいを実感する手助けをしています。
 その活動の一つとして6月11日(月)アグリステーション丹波ささやま前の圃場で城南小学校3年生(33名)が黒大豆の種まきを体験しました。
 まず種まきに入るまでに、黒豆の種がどのように発芽し生育するのか植付けまでの過程について説明を受けました。当日は小雨の天候で作業が危ぶまれましたが、子供たちは急遽素足なり、ヌルヌル感が気持ち良いとはしゃぎながら約1時間での作業となりました。
 スタッフ指導の下に穴の開いた播種板に一粒一粒種をまき、種まき後播種板を外し、豆が無いところや多すぎるところを修正し、豆を指で土に押さこみました。その後スタッフが覆土しシートを被せました。
 6月21日(木)には子供たちにより植え付けを予定しています。秋の枝豆の収穫を楽しみの野外授業でした。

 


 


 


 

篠山市立城南幼稚園入園式

カテゴリ : 
地域のイベント
執筆 : 
masahiko 2018-4-12 20:00
平成30年4月12日
ひまわり組1名、チュウリップ組23名の園児、城南小楠木のように大きく育ってください。
ご入園おめでとうございます!


メインメニュー
過去に吹いた風
最近の風のトップへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆