最近の風 - 寺社・地域の伝承カテゴリのエントリ

平成31年1月13日
 一昔前までは、1月15日の小正月の前夜に、小学校の高学年から中学生の男の子ども達が、地域の家々から藁をもらって来て、何日もかけて山から掘り出して来た切り株(通称「かっくり」)を燃やす。あらかじめ切ってきた子どもの背丈の2∼3倍の2本の竹の先に、村の神社で作ってもらった御幣を差し込む。子ども達の手には、30cm∼40cmほどの竹の筒を持つと、いよいよ「狐狩り」(通称「狐がえり」)の準備が整う。今年は1月13日(日)にお宮さんや役員にお世話になり、準備が整えられた。
 今年の口村では、中学2年生の寺田璃音さんを先頭に、小学4年生から中学2年生までの男女併せて6人の子ども達が勢揃いした。
 このころになると、燃やした藁は、すっかり切り株に燃え移り、松ヤニがゴーゴーと燃えさかり、真冬とはいえ炎の廻りは温かくなり、子ども達の頬は赤くなる。
 家に着くと、竹筒を口に当て勢いよく吹くと「プー!」という音が夜空に鳴り響き、口上の文句を唄い始める。『我らはここらで何するぞ。山の神に雇われ狐狩りをするぞ!・・・・えーん、えーん、プー!(竹筒の音)』と唄って、40∼50軒ほどの家々の人びとの健康と安全を祈り厄払いをする。
小枕 西山

 


 

平成29年8月24日(木)


 天候に恵まれ、9時20分から愛宕山の中腹にあります愛宕堂の勝軍愛宕地蔵尊法要、下山して10時50分僧堂内の阿弥陀仏の施餓鬼供養、11時30分に住職から法話があり、最後に懐かしい餅まきが行われました。法話の中で「人生でいつまでも輝きを失わぬ価値に熱心であれ」という言葉に感銘しました。残暑厳しい日々でしたが、参拝された約30名の方々は法話と森林浴で心がスッキリしたのではないかと思いました。

 

愛宕堂の言われ(文責 龍蔵寺 法山氏)
 龍蔵寺では愛宕山の中腹に愛宕堂を祭っています。愛宕大権限と言われ、江戸期まで神であり仏であり、火の災難から守っていただく勝軍地蔵尊が祀られています。子供を背中に背負ってお参りする方があり、やけどに遇わないで元気に育つように祈られています。お堂に向かう石段は、人の厄年に合わせた段数になって踊り場があります。勝軍地蔵尊は650年ほど昔、天狗岩に愛宕尊が姿を見せ、そこに尊像をお祀りしたと伝えられています。お姿は戦いに出る姿のいかり鎧に兜を着けられ白い馬に乗せられた珍しい地蔵です。室町期では世は災いが続き平安な生活をみんなが求めていた時代でありました。今も愛宕堂では護摩を焚き、人の中に潜む煩悩、怒り、無知でおごる心を焼き尽くして、穏やかな生活を営めるよう祈りが続けられています。
 この山での山岳信仰は既に奈良期から取り組まれていて、山の精、水の恩、太陽の恵みを心しながら峰を歩いて行をする形はありました。天狗信仰に形を整えてゆき、太郎坊、治郎坊が愛宕尊の両脇を守っています。鼻かぎ名人すけたろうの民話はここから出ています。江戸期には篠山城主が城下の平安を願い、ここに参拝され、仏画を寄贈されているのが残っています。お堂に向かう両側にはいくつもの平らな屋敷跡が見られますが、修行僧の行をしていたお堂があったところです。お寺の下にあります田口池は青山城主の造られた灌漑池です。
 なお愛宕尊大祭は年2回行われ次回は2月24日です。一度、森林浴を兼ねてゆっくり登ってみてください。

 

勝軍愛宕地蔵尊法要

 

 

阿弥陀仏の施餓鬼供養

 

お宝ウォーキング

カテゴリ : 
寺社・地域の伝承
執筆 : 
yoshikazu 2014-11-1 21:20
1026日(日)
城南まち協 体育部の主催で小枕地区のお宝を巡るウォーキング会が開催されました。午後より子どもと大人あわせて41名がコミセン前を出発し、秋のとりいれの終わった農道をぶらぶら・・・30分 かかって小枕春日神社に到着、地元のお年寄りから神社へのお参りの仕方や神社の歴史について説明していただきました。社務所へ移動して神社総代の方々の配 慮により地名の由来になった秘蔵品(義経の鞍)を特別に公開、説明していただきました。つづいて、「お楽しみ宝探し」となりました。あらかじめ神社境内に セットされた「お宝カード」を探し「わあ〜三ツ星や!」「ぼくは一ツ星!」それぞれ景品のお菓子セットを受け取りました。天候に恵まれ楽しい一日でした。 お世話していただいた「おじさん方」ありがとうございました。
 12月25日コミセン城南会館において、地域の方々の指導のもと小学生60名ほどが、正月用しめ縄飾りづくりと簡単な編み物を作りを楽しみました。また、地域の伝承の紙芝居(女畷と乙女塚)(馬口池と馬場池)を昔のお菓子を食べながら見て、語り部さんから昔の事、地域の伝承など様々なことを聞きました。その後、紙芝居で見た物語にゆかりがある場所(馬口池、乙女塚)を訪れ、故郷を思う心を育みました。

子どもたちが楽しみながら地域の伝承や昔のことを体験できたのは、とても意義がありました。また、地域の方々と子どもたちが垣根なく語り合いながら、しめ縄飾りや編み物を作っている姿は、とてもほほえましく、何か懐かしい気持ちにさせてくれました。

 
ポン菓子を食べながら紙芝居を楽しんでいる様子 しめ縄飾りを作っている様子

岩崎の「庚申さん」

カテゴリ : 
寺社・地域の伝承
執筆 : 
yoshikazu 2013-2-28 21:05
岩崎の「庚申さん」今年は2月23日
初庚申、毎年節分を過ぎた、最初の庚申(かのえさる)の日「庚申講」が催しされる、秘仏「青面(しょうめん)金剛(こんごう)明王(みょうおう)」の御開帳と餅撒きが行われた。
庚申 
十干・十二支の60通りある組み合わせの一つ。
庚申の年・日は金気が天地に充満して、人の心が冷酷になりやすいとされた。
庚申信仰は、平安時代に始まり、鎌倉・室町時代に「庚申御遊(こうしんぎょゆう)」として拡がり、やがて「庚申待」(夜明かしをして神を祀る)と名を変え、室町時代中期に「庚申講」が組織された。
江戸時代に隆盛を極め大正時代以降は急速に信仰が失われた。(Wikipedia)
日清・日露戦争・太平洋戦争時には、出征兵士の武運長久を祈願する人たちで村の入り口から長蛇の列が出来、千人針も行われていたそうです。
(一枚の布に千人の女性が赤糸で一針ずつ刺して縫い玉をつくり、武運と無事を祈って
出征兵士に贈ったもの。日清・日露戦争の頃に始まったという。千人結び)
(三省堂 大辞林)

   

栗栖野大歳神社の本祭

カテゴリ : 
寺社・地域の伝承
執筆 : 
hidemasa 2009-12-17 19:52

 12月7日栗栖野の氏神様の大歳神社の本祭りが開催されました。いわれは明らかではありませんが、毎年12月の最初の戌の日に行われるもので、今年は、正午に一ノ瀬神官に従い氏子達が神社本殿に上がり、祝詞を奏上し、お祓いを受け、そのあと恒例の「餅まき」が行われました。
 この後、公民館へ席を移し、重要な「お當渡し」の行事が行われました。これは、神社の祭礼などの際に一定の任務を司る「本當」「御子宿」「口明」の役職、神社の使役を務める「7人衆」の新旧引き継ぎ式に相当する儀式です。
 それぞれの役職ごとに新任が旧に対してお酒を注ぎ今までの労をねぎらい、次に旧から新に酒を注ぎ来年1年の任を頼む・・・儀式が厳かに執り行われました。

(酒井英政)

 
   
 

真南条 薬師堂のお祭り

カテゴリ : 
寺社・地域の伝承
執筆 : 
masahiko 2009-7-25 20:13
真南条 薬師堂のお祭り
2009年7月12日
田舎の集落には氏神様を祀る神社や菩提寺の大きな寺社の他に多くの小さなお社や、祠(ほこら)があります。先日、真南条下で神戸大農業農村フィールド演習の学生さんが「地域のステキ探し」として、お社や、祠(ほこら)を見て頂き、多くの神々を敬いながら慎ましく生きてきた昔の人々の生活振りを感じてもらったと思います。今年も薬師堂のお祭りが7月12日行われ、お神酒、赤飯等をお供えし、共に健康を願い般若心経を唱え、後、川原でお供え物を頂きながら楽しい一時を過ごしました。
(松尾与史彦)

お神酒、赤飯等をお供えし、祀りました

共に健康を願い般若心経を唱えました

共に健康を願い般若心経を唱えました

高速道路の高架下の川原で涼みながら楽しい一時を過ごしました

真南条下の大数珠繰り

カテゴリ : 
寺社・地域の伝承
執筆 : 
masahiko 2009-3-22 8:29
真南条下の大数珠繰り 平成21年3月15日
お釈迦様の亡くなられた3月15日(旧暦2月15日)、古くから涅槃講が行われ、子どもも参加し広間で大数珠繰りが行われました。南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)と唱えながら33回大数珠を回し、回し終えると、最年長者が「無事に過ごせますように」と願い、一人ひとりの背中にぐるぐるとまいた大数珠を、力を込めて打ちつけて一年の無事を祈りました。「お釈迦様は死に際し、嘆き悲しみ、まるで自分を失っているかのような弟子たちに、最後の教えとして、自らを灯とし、自らを拠り所とせよ。他を拠り所とする事のないようにと説かれたようで、昔、この集落も流行り病があったのか病の治癒祈願から行われたのではないかと年長者から聞いて来ました。私達は、移ろいゆく世間の常識に流され、時として自らを迷います。古き良き伝統である涅槃講から自分を省みる事の大切を共に感じました。
(本多嘉巳)

栗栖野城公園

カテゴリ : 
寺社・地域の伝承
執筆 : 
masahiko 2009-3-21 8:31
栗栖野城公園
2009年は徳川家康の実子説もある松平康重が篠山城を築城して400年にあたります。高石垣に供す多くの石が切り出されました。平成3年集落内に残石調査会が発足し、約2年の調査を行ない、その記念碑として栗栖野城公園と丁場城が作られました。篠山城は西国16ヶ国の大名、20諸侯に扶役が命ぜられ8万人が作事(建築)、普請(土木工事)に参画し1年足らずで完成しました。搬石の方法及びルートは、コロ又は特殊な搬石車を用いて、公園前の国道372号線を北上しました。この石垣には15個の石に8種類の刻印(符号)が刻まれており、残石調査会としてもそれらと諸大名諸侯との関係を突き止めるべく努力しています。
(酒井斉祥)

栗栖野城公園

公園内案内板

公園内案内板

公園内案内板

石垣(残石)の刻印
 

龍蔵寺

カテゴリ : 
寺社・地域の伝承
執筆 : 
masahiko 2009-3-10 15:48
龍蔵寺
城南地区には多くの素晴らしい寺院があります。龍蔵寺をご紹介します。
大化年間(645)に開かれたと伝えられる天台宗の古刹で、丹波古刹十五ヶ寺霊場の第一番であります。千手千眼観音を本尊に、薬師如来、勝軍地蔵、子育地蔵、他多く仏像が祀られています。平成8年の水害で本堂、庫裡(くり)が流失し、その後住職の長年の念願である僧堂が建築の運びになり、現在建築途上であります。今後、研修場としての幅広い活用が期待されます。寺院の森林から切り出された地産地消の素晴らしい木材を使い建設されていることが写真からも伺えます。
(辻 宏紹)
龍蔵寺関連:
http://www.harimaya.com/sasayama/sasatan/sasa_40.html
http://nttbj.itp.ne.jp/0795950314/index.html
http://www5a.biglobe.ne.jp/~unsui/html/2007/moushiatagoyama.html
http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/atago.htm
http://www.harimaya.com/sasayama/sasatan/sasa_56.html
http://www.geocities.jp/goshuinsouken/newpage179.html
http://www.tanba-kosatsu15.jp/list/list.html
http://www.city.sasayama.hyogo.jp/meiboku/tr021.html
メインメニュー
過去に吹いた風
最近の風のトップへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆