最近の風 - 報告事項カテゴリのエントリ

アグリステーションが変わります!

カテゴリ : 
報告事項
執筆 : 
masahiko 2020-8-22 19:10
令和2年8月22日
 平成28年(西暦2016年)2月14日、城南地区まちづくり協議会の収益事業部としてスタートしたアグリステーション丹波ささやまですが、事業は決して順調だったとは言えません。初年度に事業の運営に必要なハード面の最低整備(加工施設の整備)をしただけで、人が集まる施設(ステーション)として来訪者の満足が得られないという状態でした。

 今年になって、人が集まるステーションにすべく以下の施設整備を手掛けてきました。これでアグリステーションのハード面での迎客体制が整います。
① 施設全体に防鼠、防ゴキブリ、小動物侵入対策の金属ネットを張り巡らしました。
② 施設内にLANと固定電話・FAXを設置しました。電話・FAX 番号は079-556-5997です。Wi-Fi環境も整い、団体の信用度が一気に増します。
③ 畳部屋のダニ対策として全面フローリングにしました。
④ 畳部屋と菓子製造室の押し入れを取り壊し、対面式のカウンターを設置しました。
⑤ 押し入れスペースに授乳室とおむつ交換室を設置することで、市認定の赤ちゃんステーションとなりました。
⑥ 多目的トイレと小児用トイレを新設しました。
⑦ 藤棚にミストシャワーを設置しました。
 更に来年早々には、園庭の天然芝生化、桜の木9本、アジサイ206本の植栽を行います。

 衣替えしたアグリステーション丹波ささやまでは、ビジネスの柱を(1)農産品加工、(2)子育て世代の交流拠点、(3)癒しの空間を演出するカフェ、(4)まちむら交流とします。

  (1)    農産品加工・販売
「アグリステーション」は「農業の駅」という意味の造語です。つまりここがアグリステーション丹波ささやまの一丁目一番地です。
① 鶏ごぼうご飯の加工食品商品化を進めていきます。
② クレープ、焼菓子、スナックの商品開発を進め、加工・販売していきます。
③ 季節ごとの主力商品を決めて売り上げの増加を図ります。今夏はこだわりシロップのかき氷を販売しています。

  (2)    子育て世代の交流拠点
丹波篠山市の子育てニーズ調査によると、市が抱える子育てに関する課題は1)子育てサービスが少ない、2)子連れで行ける飲食店が少ない、3)子供連れでも出かけやすく、楽しめる場所が少ない(平成31年調査)でした。これらのニーズに応えるため、子育て世代の交流拠点づくりを若手チームにお願いしていきたいと思っています。

  (3)    癒しの空間を演出するカフェ
丹波篠山にある有機栽培コーヒーやこだわりクレープが楽しめるカフェ。メルヘンチックなパオを中心に園庭にオープンカフェスペースを作り、田園風景と山々を借景とした景色が癒しの空間を演出します。
以上のコンセプトを実現すべく「県民まちなみ緑化事業補助金」の交付を受けて、神代曙(桜)9本の植林、宿根草の寄せ植え(9か所)、アジサイ206本の植栽と園庭418m²の天然芝生化を行います。

  (4)    まちむら交流
① 城南地区まちづくり協議会の委託事業として従来の体験交流や出張マルシェは継続し、
② これに加え神戸成徳地区の若手グループと共同で新たな交流事業を考えていくことで合意しています。

 詳しいご報告は、別途アーカイブに保存していますので、ぜひご覧ください。

(追記)
 この一か月に二つのテレビ局から取材依頼がありましたが、NHK TVの取材、ロケーションは終わり放映が決定しました。詳細は当サイト、「お知らせ」をご覧ください。
(小林 泰雄)
 

 


 


 


 



すべての写真はこちらでご覧になれます
 
5月26日(土)13:30から城南まち協通常総会がコミセン城南会館で開催されました。
 松尾会長が挨拶、日ごろのお礼と3年目の加工所への協力依頼及び学校連携の強化を図りたいとの話がありました。来賓として篠山市市民生活部野々村部長、城南小学校足立小・幼教頭、市のサポート職員酒井氏、杉野氏に出席していただきました。代表して篠山市の野々村部長よりご挨拶があり、他地区のまち協の取り組み事例や市名変更にかかる調査報告がありました。
 本総会は114名の会員で出席者47名、委任状48名で過半数以上の会員出席で総会設立宣言。議長に小稲敏明氏(真南条下)を選任し、7議案が上程され各議案とも慎重に審議し原案通り可決承認されました。

1号議案 平成29年度事業報告(活動報告)について
2号議案 平成29年度会計報告・監査報告について
3号議案 組織・制度の変更について
  • 従来都市農村の交流事業(田植え、稲刈り、生き物調査等)は内容によって取組む部所が異なっていましたが、「まちむら交流部」として新設し取り組むことになりました。
4号議案 役員・組織の承認について
5号議案 規約改正について
  • 現行で総会は役員、各委員等で構成するとなっていましたが、改正では役員の位置づけが明文化されました。また8部会がまちむら交流部含む11部会になりました。
6号議案 平成30年度事業計画(案)について
7号議案 平成30年度予算(案)について

 総会終了後城南児童クラブ活動報告、そして城南自治会長会の西潟会長より閉会の挨拶があり、まち協への積極的協力依頼がありました。
 総会で感じたことですが、まちづくり協議会は地域住民の成長と発展のための団体であり、地域住民がまち協活動に参加され理解をしてもらうことが重要であると感じました。
 なお、この総会で選任された城南地区まちづくり協議会役員は以下のとおりです。

役職 氏名 自治会名
会長 松尾与史彦 真南条下
副会長 西潟 弘 野中
副会長 小林泰雄  真南条上
生活環境部長 藤井克法 ひまわり
 同副部長 岸本宏昭 リバーサイド野中
文化部長 西牧成通 谷山
 同副部長 西山治郎 小枕
体育部長 小稲敏明 真南条下
 同副部長 酒井実良 岩崎
ふれあい教育部長 長島義典 野中
 同副部長 森本 豊  野中
産業振興農業部長 廣瀬正明 真南条中
 同副部長 堀井 聡  真南条上
総務部長 中西敬司 真南条中
 同副部長    
開発部長 松尾与史彦 真南条下
 同副部長 中澤 彰 リバーサイド野中
アグリステーション部長 小林泰雄上 真南条上
 同副部長 塚本逸男 野中
健康福祉部長 酒井 優 栗栖野
 同副部長 佐圓正樹 宇土
まちむら交流部長 酒井英政 栗栖野
 同副部長    
スポーツクラブ21城南代表 酒井清隆 野中
監事 中澤 彰 リバーサイド野中
監事 酒井清隆 野中
会計 圓谷 章 真南条下
広報 石田莞爾 岩崎
NPO城南ライフサポート理事長 佐藤妙子 野中
事務局主事 安原喜早代 小枕
事務局副主事 南 千江子 小枕

 


 


いきいき塾修了証書授与式

カテゴリ : 
報告事項
執筆 : 
masahiko 2017-6-27 20:40

平成29年6月27日

 いきいき塾見守りスタッフの方よりお便りが届きました。

 

拝啓
向夏の候、みな様にはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。 本日、森下眞知子さん23回皆勤・佐圓久美子さん22回出席の修了証書授与式がありました。

 

いきいき塾 修了証書  森下眞知子様・佐圓久美子様

 

 あなたは6カ月間いきいき塾に通い、いきいき元気生活を実践することが出来ました。 これからも「集って!動いて!楽しんで!」を、暮らしの中に取り入れながら、いきいき塾で身につけたことを継続していきましょう。
平成29年6月27日   篠山市長 酒井 隆明

 

担当事業所(やすらぎ園)山本さんが代読しました。

 

 デカボウ体操をおえて、皆さんでお祝いの茶話会をいたしました。酒井嘉子さんの詩吟、佐圓久美子さん俳句を披露されました。まさに実感「集って!動いて!楽しんで!」言葉では言えない感激の時間を過ごしました。

敬具

 

 

やすらぎ園の山本さんからお祝いのことば佐圓久美子さん・森下眞知子さん

 

 

酒井嘉子さんの詩吟披露楽しんで!記念の1枚

いきいき塾担当者会にて実践報告

カテゴリ : 
報告事項
執筆 : 
masahiko 2017-1-25 19:50
平成29年1月25日
  篠山市では、自分達の身近な高齢者がいつまでも元気で過ごせる地域づくりを目指し、市健康課、社会福祉法人、まち協との委託契約により介護予防事業「いきいき塾」を29年度末に全市19地区立上げの予定で進めています。
  地区担当者による研鑽の場でまちづくり協議会 健康福祉部 酒井優部長が立上げ後の実践状況の報告を行いました。
   

アグリステーション視察

カテゴリ : 
報告事項
執筆 : 
masahiko 2016-8-9 20:00
平成28年8月9日(火)
  8月9日午後、静岡県庁政策企画部地域振興課職員2名と兵庫県庁企画県民部甘利地域振興課長他名1計4名の方がアグリステーションの視察に見えました。
  現地で城南まち協の活動状況について松尾与史彦会長から、アグリステーション設立の経緯と施設の概要及び今後の計画について小林泰雄副会長から説明しました。
  その後、他地域の事例なども踏まえた意見交換が行われ、我々にとっても今後の参考になる催しとなりました。

   

城南で「丹波みらい塾」開催

カテゴリ : 
報告事項
執筆 : 
yoshikazu 2013-2-28 20:50
 2月21日コミセン城南会館において城南地区住民や学識経験者、行政関係者が参加し第一回「丹波みらい塾」を開催しました。
城南地区まちづくり協議会の松尾与史彦会長から通学合宿の取り組み、児童クラブの運営、神戸市灘区の成徳ふれあいのまちづくり協議会との交流など6年間の歩みを報告しました。それに対して、兵庫県立大学政策科学研究所の加藤恵正教授からは、城南まち協が掲げる「先ずYESから入ろう」「走りながら修正しよう」という共通認識に対して高い評価をいただきました。
「丹波みらい塾」は、まちづくり活動活性化のために地域再生プラットフォーム推進協議会が主催しています。

アクセス40万突破!

カテゴリ : 
報告事項
執筆 : 
yoshikazu 2012-4-5 19:56
城南の風サイトは、オープンから3年目にしてアクセス40万を越えました。城南パソコン教室を母体とした編集委員の継続した取材編集活動による成果です。今後も地域の新鮮な情報をお伝えできるよう精力的に取材を行っていく予定です。地域のイベントの際には、取材に伺いますのでご協力お願いいたします。
アクセスカウントポリシー

・同一のIPアドレスからのアクセスは、何ページ閲覧しても1回としてカウントする。(アクセス間隔15分以内はカウントアップしない)

・ボットのアクセスはカウントしない。(毎月アクセスを解析しボットアクセスを記録しないようにしています。) 

第4回元気交流会に参加

カテゴリ : 
報告事項
執筆 : 
hidemasa 2012-3-8 20:49
去る3月4日(日)兵庫県地域再生課主催の「第4回元気交流会」が兵庫県中央労働センターで開催され、城南地区から酒井良治会長以下6名を含め篠山市から丸山地区、大芋地区、大山地区の代表及び篠山市市民協働課西羅氏の計13名が出席しました。
今回のテーマは、「大学生と連携した地域づくりを考える。」ということで、朝来市殿地区等4地域の事例が報告され、それぞれ特徴のある取り組みの紹介があり、おおいに刺激を受けてきました。 
 
篠山市農業振興大会 平成24年2月4日
四季の森生涯学習センター大ホールにて開催された篠山市農業振興大会において城南地区の活動を紹介するパネル展示と15分間の発表を行いました。

城南地区ワークショッフ

カテゴリ : 
報告事項
執筆 : 
yoshikazu 2011-8-5 22:20
城南地区ワークショッフ  
8 月 5 日(金)篠山市主催による城南地区ワークシ ョップがコミセンにおいて開催されました。自治会 長を中心に選出された 20 名の参加者からは、城南地区の保健福祉向上のため様々な意見が出されま した。
メインメニュー
過去に吹いた風
最近の風のトップへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆