最近の風 - まち協部会カテゴリのエントリ

使節団迎える

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2018-8-28 19:40
平成30年8月28日
 8月28日(火)、加西市の賀茂地区ふるさと創造会議役員総勢16名が当まち協アグリステーション丹波ささやまへ視察に来られた。
 賀茂地区ふるさと創造会議は今年2月に設立されたばかりの地域団体で、持続可能なまちづくりを目指されている。
 賀茂地区ふるさと創造会議は設立間もないため、(1)どんな地域づくりを目指しているのか?(2)組織運営で一番苦労していることは?(3)事務局と指導体制は?(4)組織運営で一番大事なことは?(5)まち協が出来て良かったことは?(6)まち協の運営等で特筆すべき取組みは?(7)人件費が伴う事業の事例は?など、多岐にわたる先方の質問に答えるかたちで当まち協の過去10年間の歩みについて松尾与史彦会長から説明があった。
 営利を目的とする企業においては, 成果主義と階層制度組織のなかで, 効率優先で従業員に命令を下す方式の経営が可能だがまち協のような非営利活動団体では、必ずしもそうはいかず、意思決定に際して, 上位下達ではなく, 一般から原案を提起することも必要な組織運営の難しさについて議論が伯仲した。
 特筆すべき取り組みとして児童クラブ運営、成徳地区との交流事業とアグリステーション丹波ささやまの設立を取り上げた。
 ランチタイムには当ステーションのカフェ・ペルー館特製で
メインディッシュ:アロース、コン、ポージョ(コリアンダと鶏肉との炊込ご飯)
サラダ:パパ、ラ、ワンカイーナ(ペルー風クリームソースとじゃがいも)
飲み物:ペルー館自家焙煎アイスコーヒー
をお出しした。
 食事をしながら歓談し双方にとって有意義な時間が持てた。
 何人かのアグリステーションファンができ、お互いの交流が始まることを期待しながら彼らを見送った。

 


 

先進地視察研修会開催

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2018-8-25 20:30
平成30年8月25日
 8月25日(土)城南まち協産業振興農業部主催の視察研修会を実施。今回の研修はまちむら交流部と合同で、きのこ収穫体験や防災研修、酒造会社視察と成徳まち協との懇談を目的に4か所で実施しました。参加者は各自治会、産振農業部員、まち協本部役員など30名が参加。
 1か所目は神戸市西区の「兵庫楽農生活センター」で菌床栽培の説明と収穫を体験しました。収穫は1人あたり5個でしたが、鋏での収穫を体験しました。
 2か所目は昼食も兼ねて、10年前からまちむら交流事業として現在も多彩な交流を継続している神戸市灘区の成徳地区との交流を兼ねて、ワールドビュッフェグランド六甲店で成徳地区の代表者と懇談しながらバイキング料理を。
 3か所目は神戸市中央区にある「人と防災未来センター」で、阪神・淡路大震災の経験と教訓映像そして震災体験者のお話をもとに再度災害に対する正しい知識を身に着けることができました。特に体験された語り部のご高齢の方のお話には心が打たれました。
 4か所目は神戸市東灘区にあります「菊正宗酒造記念館」の見学。酒造りの原点や酒造りついてお話をきき、身近な思い出として丹波杜氏のお話も話題になり、最後にはお酒の試飲や利酒などよき体験を得ることができました。
今回の研修は初めての方もあり、幅広い観点からの研修で、僅かでもまち協の活動が理解出来たのではないかと思います。

 


 


 

まち協先進地視察研修会

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2017-8-26 20:40

平成29年8月26日(土)


 まち協産業振興農業部主催の先進地視察研修会が8月26日(土)に行われました。今回は豊岡市の「中谷農事組合法人」視察と同市出石町の「そば藤」でそば打ち体験を行いました。参加者は各集落代表者、各営農組合員そしてまち協役員など25名が参加しました。
 午前8時コミセンを出発し、9時30分から中谷農事組合法人を訪れました。当集落は42戸うち農家戸数(組合員)33戸、耕地面積は28.3ha、受託面積は36.3haで経営面積は64.6haです。同組合法人は、昭和62年から営農組合で1集落1農場方式を取り入れ、昭和63年には大規模圃場整備(例えば1.5ha/筆もあり)、水稲+麦+大豆の土地利用型農業を実践。平成5年には減農薬特別栽培米「六方銀米」を栽培、平成10年には農事組合法人として現在に至っている。
 法人の組織には女性グループや女性理事、若手会議も協力体制として組織化され多様な意見を求めている。工夫されている点は
?組織として職員やパートを雇用しているがメモとして健康診断(カルテ的なもの)を出してもらう。職員等に3?5年後の意見を聞いている。
?大規模区画での草刈りは大変。そこで考えられたのが、草刈作業の一部は若手を草刈り隊として任している。
?子供達と高齢者が一緒に黒豆の栽培や環境保全活動で彼岸花の植栽、納豆作りなどにも挑戦。
?当集落には何人かの外国人が生活していて、世界の料理教室も開催するなど営農面だけでなく幅広い活動が行われている。
 特に感じたのは、組合長のリーダーシップ、営農面だけでなく集落と一体的な活動が人をつくり、村をつくり、未来をつくるものだと思いました。11時過ぎには昼食を兼ねて出石町でそば打ち体験をしました。今回参加者はそれぞれの立場で参考になったと思います。

 

 

まち協先進地視察研修会

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2016-8-20 20:40
   平成28年8月20日
  まち協産業振興農業部主催の先進地視察研修会が8月20日行われました。
  今回は、アグリステーション丹波篠山が開設されたことでもあり、先駆的に取り組んでいる新温泉町の久斗山農産加工組合を訪問しました。参加者は、各集落やまち協役員など23名で、マイクロバスで午前8時に出発しました。
  午前10時まず新温泉町の県立但馬牧場公園を訪れました。ここは、豊かな自然に和み、動物たちとふれあい、高原で遊び、学び、体験をし、おいしいものを味わうことができる施設をそなえ、但馬牛博物館などもあります。私達は、ここで昼食を兼ねてそば打ち体験に挑戦しました。
  午後1時30分ごろ研修の目的地である、美方郡新温泉町の「久斗山農産加工組合」に到着し中村寿弘組合長から、説明を受けました。久斗山集落は、新温泉町の中心地浜坂駅から約15キロ離れた山間部に位置し、過疎化、高齢化が進んでいました。
  平成16年3月に集落内の久斗山小学校が廃校になったのを機会に、廃校施設を交流施設、農産物加工施設として特産品開発を目指そうということで、平成16年8月「久斗山農産加工組合」が結成されました。
  地場産の原材料を使用した栃餅や山菜の佃煮の販売、正月やイベント用の餅の製造販売などに力を入れているほか、子供たちに対する餅付き体験や、飯ごう炊飯などの体験教室、東京杉並の子どもの田舎体験の受け入れなど、食育教育にも熱心に取り組まれていました。
  わが城南地区に比べてもっともっと過疎が進み不便な地域でありながら、大変な情熱で取り組まれており、大いに参考になりました。


平成28年2月23日
  このたび、城南コミセン玄関前に防犯カメラが設置されました。
これで校門やコミセンへの出入りが撮影され、不審者の侵入抑制や犯罪の防止に役立つと思われますが、一方映像等の管理については、プライバシイ保護の観点から、厳しい管理規程に従い厳密に取り扱われます。

元町マルシェで店頭販売

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2015-7-25 10:30
平成27年7月25日
7月25日元町マルシェの店頭を借りて直接消費者と触れ合いながら販売することができました。
各地から送られた商品がどのように買ってもらえるのか、地元篠山の商品を持込み、店員さんにも聞きながら、好まれる商品、加工品や花卉類等、季節に左右されない商品があるのか調査することができました。
このマルシェは、昨年6月、県内各地の農産物や加工品などの特産品を販売し、地域の魅力を発信するアンテナショップとして。神戸市中央区元町通の元町5丁目商店街にて週6日営業の「ひょうごの元気ムラ〜元町マルシェ〜」として周辺に3店目としてオープンし、1年が経過し、既に4店目も出店し、西元町に新鮮な農産品が買える新しいスポットとなりつつあります。
毎週木曜日朝9時に(仮称)アグリステーション城南(保育園跡)に集荷に来て貰っています。皆様どうか出荷してください。

まち協視察研修会

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2015-2-10 8:10
まち協視察研修会
2月10日
  産業振興農業部主催の視察研修会が去る2月10日に行われ、各集落から34名出席しました。今年度まち協では、農産物の加工施設を小枕の保育所跡に計画していることから、先進的な加工所を中心に以下の3か所を訪れました。

1)道の駅「いながわ」視察と「いなの郷グループ」訪問

  道の駅 いながわを中心に地元農産品の加工物を製造販売している「いなの郷グループ」は、昭和57年に発足以来、ふるさとの味の伝承などを通じて地域活性化を目指して活動されている女性グループで、代表の方から、苦労話や活動の状況など懇切丁寧に説明していただきました。
 黒大豆味噌・白大豆みそ・佃煮などからはじまり、平成20年に農産物加工施設「いなっこ工房」が完成してからは、巻きずしをはじめ寿司類や黒豆コロッケ、などの料理、そして各種の弁当など幅広い商品を手掛けておられました。
 お昼は、特製の弁当をよばれましたが、味、ボリュームとも申し分なかったです。

2)株式会社デザートプラン(尼崎市)視察

  魅力的で質の高いスイーツギフトを提供している会社で真南条営農組合の赤ジャガアイスも製造しています。
 およそ10人ほどのグループに分かれて、マンゴー入りプリンを製造し容器に詰めている作業を直に見学させていただきましたが、厳重な衛生管理の実態に感心しました。

3)浜福鶴吟醸工房(神戸市東灘区)視察
 年間を通じて酒造りのできる設備を備えた同工房で、同社の案内人の説明を聞きガラス張りの工程を見学し、各種のお酒の試飲を楽しみました。

綿栽培研修会と藍染め教室

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2014-8-25 15:00
8月24日(日)
  まち協産業振興農業部主催の行事としてコミセン城南会館と真南条上営農組合で開催されました。
  同営農組合では3年前から純国産綿を使用したサムライジーンズの製造を目指す(有)サムライと協力して無農薬の綿の栽培に取り組んでいますが、ここだけでは量的に不足し、他の集落でも放棄農地対策や地域活性化につながる可能性があることから今回の行事を行うことになったものです。
  参加者は約30名、各集落の自治会長や農会長をはじめ、その他関心のある人また市役所からも参加いただきました。
  先ず、午前中「綿づくりについて」と題して(有)サムライの荻野氏からお話しいただきました。
  同社の純国産のジーンズを目指すコンセプトから、綿栽培プロジェクトを篠山・真南条上で立ち上げるにいたった経緯と今後の取り組みについて説明がありました。
  その後同営農組合の圃場で綿栽培の現場を見ながら、サムライの渡部氏や営農組合の小林氏、堀井氏から栽培の苦労や除草の試行錯誤等について説明を受けました。
  無農薬栽培につき、特に草の対策が重要でかつ作業も大変という印象を受けました。実際にマルチのあるなしや直播か移植かなど、圃場でいくつかのパターンで実験が行われていました。
  ともあれ、10アールあたり50〜100kgの収量が見込まれ、20万円〜40万円で買い上げが保証されるので米よりも収入が上がるとの説明がありました。一度挑戦してみようという方は真南条上営農組合(酒井さん 090-3991-7981)又はサムライジーンズ(荻野さん 090-3969-0003)へ問い合わせてください。
  お昼は、サムライジーンズとまち協女性有志によるカレー、サラダ冷やしソーメンなどの昼食をいただき、午後からは、大雨の中藍染め教室ということでサムライジーンズの応援団ボランティアの方たちと合同で手ぬぐいの染め物に挑戦し、和気あいあいのうちに全日程を終了しました。
   
   
   

雑草対策(カバープランツ)の視察

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2013-6-28 9:50
城南地区でもご多分にもれず地域住民の高齢化に伴い、膨大な草刈作業が農家を苦しめています。困難となる法面管理の労力を軽減し、地域の実情に即した持続的な農業生産活動の体制整備を考えていかなければならない時期に来ていると思います。
去る6月9日、城南地区12集落の自治会長、農会長、水利委員が参加し、広島県三原市まで雑草対策(カバープランツ)の視察に行ってきました。
視察先、福田地区の中山間地域振興組合の組合長、吉森さんにセンチピードグラス(洋芝の一種)の種子吹き付け後、2年経過した法面を案内していただき、その実態を見てきました。
なるほど、芝がびっしり生えそろった法面には雑草の生える隙間がなく、きれいに保たれています。
また、6月27日には、市内今田町黒石の小林武司さんの農用地で行われた実際の吹きつけ作業を見学してきました。
雑草対策だけでなく、景観保全上にも検討の価値がありそうに思われました。
莫大な経費はかかりますが、各集落ため池の堤体や手の届きにくい高い畦畔に植えれば草刈作業から解放され、かつ景観維持にも大いに貢献してくれそうな気がしました。
外来種の芝のため、色々な規制があるとも聞いていますが、今後県や市に話をし、できれば実現したいと思っています。

産業振興農業部長
小林 泰雄

写真は今田町の見学風景
   
   

「地域農業の将来を考える会」開催

カテゴリ : 
まち協部会
執筆 : 
masahiko 2012-7-7 21:50
「地域農業の将来を考える会」開催 7月6日
城南地区の自治会長、農会長、農業組織代表者等を対象に地域の農業後継者の育成、10年先の田んぼを如何に守るかを共に考える機会にと、篠山市集落営農推進委員で、地元では、長年、(農)真南条上営農組合の代表理事を務め、まち協開発部部長の酒井勇さんの企画により、丹波ささやま農協の辻井営農企画課長、小林丹南営農経済支店長、山崎係長をお迎えして開催し、DVDによる集落営農組織の推進事例の学習と意見交換を行いました。農業を取り巻く環境は、益々厳しく、新たに今年度から立ち上げた集落や、篤農家はいるが、組織化に繋がっていない集落など、それぞれ課題が沢山あり、城南地区全体を見ると組織化が進んでいないのが実情です。今後、市役所にも入って頂きながら、地区内の横の連携を深めると共に、意識を高め合う良い機会になりました。市役所が実施するアンケートの集計がまとまり次第、このような会合が引き続き開催される予定です。

メインメニュー
過去に吹いた風
最近の風のトップへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆