最近の風 - まちむら交流カテゴリのエントリ

まち・むら交流事業田植え体験

カテゴリ : 
まちむら交流
執筆 : 
masahiko 2018-5-6 20:30
平成30年5月6日(日)
 大型連休最終の5月6日(日)神戸市灘区成徳地区から子供たちと父兄などを田植え体験に招待しました。今回は、参加者91名(児童42名、大人39名)と過去最高の参加者がありました。10時過ぎに乗用車6台、大型バス1台でアグリステーションに到着しました。
 早速着替えて野中集落の大西信令様の田んぼ約3アールへ向かいました。子どもたちは靴を脱いで裸足に軍足の靴下を履いて天候に恵まれて暖かくなった田んぼへ入ります。横1列に並んで、縄に目印の布を付けたところに苗を植えていきます。はじめに係の人から、苗を2〜3本ちぎって泥の中へ差し込むコツを教わり一斉に植えていきます。苗がうまく持てない子供たち、植え方が浅くすぐ水に浮いてしまうものなど続出で、最初はどうなることかと心配しましたが、慣れるにしたがって上達し予定の11時30分にはすべて完了しました。一同疲労感を漂わせながらも植え切ったという達成感で満足そうな様子でした。
 12時頃アグリステーションに戻り、都会の人たちにとっては、大いに楽しみにしていただいている地元の食材をふんだんに取り入れた昼食です。今回のメニューは、たけのこご飯のおにぎり、小豆ご飯のおにぎりなどに、黒豆入りコロッケ、竹の子のあえ物、サラダ、そして豚汁などで早朝から調理をしていただきましたが、何せ、100人分という大量で大変だったようです。
 午後の最後の行事は、篠山東雲高校での水の中の生き物観察です。学校の実習田に作られたビオトープでおたまじゃくしや、カエル、ドジョウその他の水生動物を網ですくい水槽に入れます。子供たちは、ズボンやスカートが濡れるのも気にしないで夢中で走り回りはしゃいでいます。同校の田井先生や4名の生徒諸君が動物の解説をしてくれ、子どもたちも熱心に質問をし、有意義な時間を持つことができました。

 


まち・むら交流「成徳米」収穫祭

カテゴリ : 
まちむら交流
執筆 : 
masahiko 2017-9-10 20:30

平成29年9月10日(日)


 抜けるような秋晴れの下、神戸成徳地区から71名のお客様を迎えて成徳米収穫祭と称し、稲刈り作業が行われました。
 今年の5月13日、野中地区の大西さんの約3アールの田んぼに手植えした苗が見事に黄金色に実っており、これをのこぎり鎌で刈り取る作業に挑戦しました。子供たちも小さな手に恐る恐る鎌を持ち一生懸命作業をし、一部稲木にかけたりしながら約1時間で作業は完了しました。
 今後、大西さんに乾燥、もみすり、精米の作業をお願いし、10月には成徳地区の皆さんに新米を味わっていただける予定です。
 お昼は、アグリステーションで昼食です。栗や黒豆入りのおにぎり、あんもち、地元の野菜を使ったてんぷらなどのお昼ご飯に、一同大満足の様子でした。
 午後は、岩崎でさつまいも掘りです。大人も子供もシャベルで芋掘り作業、大きな芋が現れるたびに歓声を上げながら汗をふきふき作業を行いました。
 午後3時ごろさつまいものお土産を手にしながら帰路に着かれました。
 作業にかかわっていただいた皆さん、また料理を担当していただいた皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

 

 

まち・むら交流 デカンショ祭り

カテゴリ : 
まちむら交流
執筆 : 
masahiko 2017-8-16 20:50

平成29年8月16日(水)


 恒例行事となった城南*成徳交流デカンショ祭りとして8月16日(水)成徳一行33名をお迎えして三の丸広場でのデカンショ祭りに参加しました。夕方大型バスで到着した一行をお迎えし、先ずはアグリステーションで城南の調理スタッフが地元食材をふんだんに取り入れ、腕によりをかけてこしらえたおにぎり弁当で腹ごしらえ、夕暮れがせまる会場へ駆けつけました。
 昨年は、現地まで行きながら大雨のため中止となったため、城南、成徳とも今年こそは…と気合が入っていました。19時10分、ヨーイヨーイデッカンショの掛け声で総踊りが始まるや否や、「まち・むら交流連」の看板のもとに踊りの輪に加わり、延べ三度も大ヤグラの舞台に上がって踊りを存分に楽しんでいました。
 踊りに加わらない人も近くによって踊りを見物したり、屋台を冷かしたりそれぞれ大いに楽しんでいました。20時10分からは恒例の花火の打ち上げ、今回は好天に恵まれたためかいつもに増して美しい花火に一行感嘆の声。踊りの皆さんは最後に一踊りして北の小嶋医院様の駐車場へ歩きました。21時30分ごろ名残を惜しみながらバスで帰宅の途につかれました。

 

 

平成29年7月18日(火)

 1月以来中断していた成徳ふれあいマルシェが7月18日神戸市灘区六甲道南公園で再開されました。
 午前9時に到着すると今にも降り出しそうな天候にもかかわらず、待ちかねた成徳地区のお客様がトマト、キュウリ、ナスその他の新鮮野菜を取り囲み、昼過ぎには、ほぼ完売の状態でした。今後来年の1月まで毎月、原則として第3火曜日に篠山の味を届ける予定です。
 城南の皆様で新たに出品希望の方は、松尾(080-6104?4547)、酒井(090-8827-7636)までお問い合わせください。

 

平成29年7月8日(土)

 神戸市灘区成徳地区との交流事業、本年度第2回目の事業として、5月に田植えをした稲の生育状況を観察するという名目で一行約60名をお迎えしました。
 午前10時過ぎ、大型バスで篠山城址、三の丸広場へ到着、昨年日本遺産に認定されたデカンショのまちを案内しようと先ずは、大書院を視察、続いて青山歴史村に新しくできたデカンショ館へ案内しました。
 続いてバスで野中へ移動、5月に自分たちで手で植えた稲がたくましく育っている状況を地主の大西信令さんの説明を受けながら視察しました。9月には稲刈りが待っています。
 アグリステーションに移動し、昼食。地元野菜をふんだんに使ったカレーライス、サラダ、漬物などと、ソーメン流しです。事前に大きな青竹を切って半分に割って手作りした樋にソーメンやサクランボなどを流すと子供たちは、歓声を上げながらパクつき、あまりの人気に大人たちの分がなくなる盛況でした。
 午後は、バスで篠山東雲高校で生き物観察を行いました。広大な敷地の中で牛や山羊を珍しそうに眺めながら実習田の中に作られたビオトープでめいめい網を持ちカエルやオタマジャクシ、その他の水生動物を捕獲し、同校の田井先生や生徒たちから説明を受けていました。子供たちは泥んこになりながらも歓声を上げながら夢中になっている様子を見ながら、篠山の自然の大切さを改めて認識した一日でした。

 

 

まち・むら交流 〜 田植え事業

カテゴリ : 
まちむら交流
執筆 : 
masahiko 2017-5-13 21:30
5月13日(土)
  成徳地区との交流事業のうちの今年度最初の催しの田植体験事業が行われました。前日から降り始めた雨が当日も残り、小雨が降り続く中を成徳地区から約50数名がバスで到着されました。
  午前中の田植え体験を午後に回し、午前中は、午後の予定であった県立並木道中央公園に新しくできた「太古の生き物館」を見学しました。約1億1千年前の地層「篠山層群」を間近に見ながら解説者の奥岸さんの説明を聞き、大人も子供たちも興味深そうに聞き入っていました。
  アグリステーションで地元野菜をふんだんに使った食事の後、午後は本番の田植え体験を行いました。
  今年は、例年の真南条上営農組合の田んぼから野中の大西さんからお借りした約3アールの田んぼに場所を移して行いました。
  このころには雨も上がっていて、子供たちは裸足の上に軍足をは履いてぬるぬるする田んぼに入り、気持ち悪そうにしていましたが、すぐに慣れ、農家の人の指導に従って数本の苗を手に一つ一つ丁寧に植えていきました。
  約1時間の奮闘により全部の苗を植え終わり、泥で汚れた体や顔にも満足感が漂っていました。
  秋には稲刈り体験も予定しており、収穫が楽しみです。
   
   
   
平成28年9月17日(土)
  真南条上営農組合の圃場で成徳米の稲刈り作業が9月17日午前中に行われました。参加者は大人子ども合わせて約70名、10時過ぎに大型バスやマイカーで到着、直ちにこの春、田植えをした田圃で鎌を片手に手刈り作業を開始しました。恐る恐る左手に稲を持ち右手の鎌で刈り取る子供たち、少し高学年の子供は慣れるにしたがってだんだん上手に刈れるようになりました。約1時間の作業で半分ぐらい刈り取り、後は営農組合の方にコンバインで刈り取ってもらいました。10月には、成徳米として成徳地区へ送られる予定です。
  お昼は、岩崎公民館をお借りしての昼食です。早朝からお母さんたちが準備をしていただいたさつまいもや黒豆入りのおにぎり、各種野菜の天ぷら、具沢山の味噌汁などで皆さん満腹の様子でした。
  午後のイベントは、岩崎の畑でさつまいも掘りです。大きく育った鳴門金時を小さなシャベルで一生懸命掘っていきます。大人も子供も真剣に作業をし、大きな芋を掘り当てたときは拍手と歓声が上がりました。午後3時前、たくさんのさつまいもをお土産に帰路に着かれました。
  台風16号で心配した天気も何とか大きく崩れることなく無事終了しました。

   
   

平成28年8月16日(火)
  デカンショ祭りに神戸成徳地区の住民をお招きして一緒にデカンショを踊ろうという催しを今年も企画し、33名の皆さんがバスで城南のアグリステーションへ到着されました。
  アグリステーションの調理スタッフによる心づくしのおにぎりやてんぷらサラダなどの夕食を食べ、薄暗くなりかけた18時ごろ会場の三の丸広場へ向かいました。
  あいにく、夕刻から大雨警報が発令された中を18時30分ごろ会場付近へ到着しましたが、雨が降り始め、19時に実施か中止かの判断をするのでそれまで篠山小学校で待つようにとの指示がありました。同小学校ではすでに待機している参加者でごった返していました。
  19時になり大会本部より本日の踊りや花火は中止の決定があり、残念ながらしとしと降る雨の中を引き上げました。
  せっかく遠路来ていただいた皆帰るのはあまりにも残念ということで急遽、城南コミセンでデカンショを踊ろうということになりました。
ちょうど一緒にデカンショ祭りの参加予定であった時本先生と広瀬先生にも来ていただき、
  三味線と生歌のデカンショ節で踊りまくり、また踊りの指導もしていただき大いに盛り上がり、充実した時間を持つことができました。
  本番のデカンショ祭りは残念ながら中止になったものの、満足した様子で21時ごろ帰路に着かれました。

   
   
   

平成28年7月10日(日)
  例年7月の神戸市灘区成徳地区との交流事業は、成徳米の生育状況の観察と赤じゃが掘り体験をメインに行ってきたが、今回は、前日からの大雨で畑がぬかるんでいたので実施できなかった。
  午前10時過ぎ、一行76名(大人35名、子供41名)がバスや乗用車でアグリステーションへ到着、午前中は新鮮野菜の買い物、周辺で虫を探す子供たち、またコミセンに準備した輪投げや囲碁ボールに興じるなどで過ごしてもらった。
  昼食は、交流事業の中で最も楽しい行事、今回はアグリステーションで早朝より調理していただいたカレーライス、地元の新鮮な野菜の天ぷら、サラダ、漬物などのメニュー。そしてメインイベントは、真っ青な竹を割って作った樋での流しソーメン。ミニトマトやプリンなども流されて順番待ちの行列ができる盛り上がりであった。
  午後は、バスで篠山東雲高校へ移動し、同校の実習圃場で生き物観察を行った。田井先生と生徒の指導でカエルやドジョウメダカなどの水生動物を捕まえて水槽に入れその生態などの説明を受けた。
  午後3時ごろ名残を惜しみながらあらかじめ準備した赤じゃがのお土産を手に帰路につかれた。
  数日前からの準備と当日かかわっていただいたスタッフの皆さん大変お疲れさまでした。


   
   
   
   

5月22日
  恒例となった神戸市灘区成徳地区との交流事業、成徳米づくりの田植え体験が、5月22日、抜けるような五月晴れのもと、真南条営農組合の圃場で行われました。
  午前9時過ぎ、成徳からは、大人、子供、幼児あわせて73名が大型バス1台と数台の乗用車で到着、早速着替えて準備された軍足をはき恐る恐る田んぼの中へ。植える箇所の目印を付けた綱を畔の両端から引っ張り、営農組合の指導員やまち協スタッフの指導のもと、数本ずつの苗を手で植えていきます。思わず泥に足を取られて泥まみれになり、ベソをかく子も!約1時間、悪戦苦闘しながらも予定したノルマの完了、残りは田植え機で営農組合におまかせです。
  いよいよ待ちに待ったお昼です。いつものことながら前日からまち協スタッフが準備をした食材を成徳の方にもお手伝いいただきながら、腕によりをかけて調理した昼食。今回のメニューは、竹の子ご飯などのおにぎり、コロッケ、野菜サラダ、豚汁など。地元食材を使った素朴なメニューが都会の人には何よりも人気のようです。
  午後は、生き物観察の時間です。子供たちにとっては、一番の人気行事です。今回の指導は、大塚先生による昆虫採集です。近くの田んぼのあぜ道や水路、ビオトープなどでいろいろな虫を採集して先生に解説していただきました。
  一方、残った成徳のスタッフは、折しも地元真南条上地区で6月19日まで行われている「案山子づくりイベント」に参加するための案山子づくりに挑戦しました。あらかじめ地元から持参したコスチュームを使って4体のユニークな案山子が完成しました。結果発表が楽しみです。
  そうこうしているうちにあっという間に帰宅時間が迫り、午後3時半楽しい思い出を詰めて帰路につかれました。
  最後に、準備万端お手伝いいただいた真南条営農組合の皆さん、まち協スタッフの皆さん大変お疲れさまでした。
   
   
   
   
メインメニュー
過去に吹いた風
最近の風のトップへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆