最近の風 - 山の神様 栗栖野地区

山の神様 栗栖野地区

カテゴリ : 
寺社・地域の伝承
執筆 : 
masahiko 2020-4-15 20:40
令和2年4月15日
 2018年3月20日発行の「城南の風」で宇土集落の「山の神様」の記事を拝読させていただきました。少し時期がずれましたが、栗栖野の例をご紹介させていただきます。
 栗栖野の「山の神様」は、集落の守護神の「大歳神社」から少し上った山裾に鎮座されています。そのあたりは、慶長14年篠山城が築城された時の石切場であったとか、苔むした大きな石が当時を偲ばせてくれます。
 何十年か前に、山の仕事を生業とされていた方(故人)がお供えされて新しい祠になりました。
 年末には当番の方が、青竹で花筒を作り、しめ縄、お餅、縁起物の昆布、栗、橿,干し柿、とじ豆等をお供えして、新年を迎える準備をされます。
 1月9日が山の神様の日で、午前中にお参りをし、赤飯をお供えして山の安全と1年の無事をお願いします。
 参道は、近舞線(当時、現、舞鶴若狭自動車道)開通の工事によりアスファルトの道になり、お参りしやすくなりました。いつまでも心のよりどころとして、山の神様を大切にお守りし、丁寧なお祭りが続けられていくことが、今を生きる私たちの役目ではないかと思います。
(この原稿は、栗栖野老人会の女性会員の方から寄稿いただきました。)

 


山の神様 遠景山の神様



 


山の神様付近から舞鶴線越に北東部を眺める


 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.jounan-sasayama.jp/modules/webcast/tb.php/316
メインメニュー
過去に吹いた風
最近の風のトップへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆