最近の風
  • サツマイモ植え(2019/05/06)
    令和元年年5月9日
     城南幼稚園総勢50名参加
     今日は、アグリステーションの畑に、さつまいもの苗を植えました。おじいちゃんの説明をよく聞いて頑張って、植えました。みんな上手に植えられましたね。
     10月には、収穫したさつまいもで「やきいも 大会」をします。これから水やりなどをしながら大きくなっていくのを観察しましょう。今からたのしみですね!

     


     


     


     
  • 田植え体験及び生きもの調査(2019/05/06)
    令和元年5月6日
     まち×むら交流の一環として、成徳米田植え・生きもの調査が10連休最終日の5月6日(月)、神戸市灘区の成徳地区から子供たち35名と父兄38名計73名が参加し行われました。午前中は野中の田んぼで田植えを、午後には東雲高校の田んぼで生きもの調査を行いました。
     大型バス1台と乗用車に分乗し10時にアグリステーションに到着、早速着替えて徒歩で野中へ行き、受け入れ農家の大西信令氏所有農地約3アールをお借りして田植えを行いました。各自軍足に履き替え、大西様より始まる前に苗束から一度に2?3本をとり、紐に30?間隔に印が付いている所に植え付けるなど説明を聞き、子供たちは真剣に苗を植え付けました。全員が一条植え終わると、両サイドにいるまち協スタッフが紐を30?ごとに前進させ約30分で終わりました。
     今年は田植え経験のある子供もいて早く終わり、例年に比べ苗の植え付け姿勢も良好でした。子供の話を聞くと、とても面白かったとか、どろんこは嫌など様々な声が聞かれました。また10連休最後の日で明日から学校へ行くのは大変との声もチラホラ聞こえました。
     田植え終了後アグリステーションに戻り、楽しみの昼食の時間。まち協スタッフが早朝より調理していただき、地元の食材をふんだんに取り入れた昼食メニューです。今回、おにぎりは筍ご飯、黒豆ご飯、塩結びの3種類、天ぷらは寄せ揚げ、筍、ちくわ、雪の下の4種類、そして豚汁などで約100食を準備していただきました。子供たちは口一杯ほうばり美味しく頂いていました。
     午後は県立篠山東雲高校へ移動し、生きもの観察用ビオトープ「しののめ いきものランド」で生きもの調査を行いました。最初に田井彰人先生や4名の学生により注意点を聞き、早速網をもって田んぼへ。当初は足元を気にしながら恐る恐る田んぼに入っていましたが、すぐに慣れてドロンコになりながらドロとともに生きものをすくい取り、田んぼの一角に設置されている水槽に生きもの種類ごとに入れました。主な生物はドジョウ、カエル、エビ、タニシ、アメンボなどでした。わからない生きものは先生や学生から解説していただくなど、時間を忘れるぐらい有意義な時間を過ごすことができました。
     今回、田植えや生きもの調査は課外活動であり、特に都市部に住んでいては絶対できない自然相手の良き思い出であり、貴重な体験を得ることが出来たと思いました。

     


     


     


     
  • 城南地区・囲碁ボール大会(2019/03/01)
    平成31年2月24日(日)
     午後1時から城南地区まちづくり協議会「体育部」主催の「囲碁ボール大会」が2月とは思えぬ穏やかな晴天に恵まれた中で開催されました。(参加者総数は24名)
     参加者チームは、自治会から3チームと地域の個人戦希望者と体育部員まち協役員で編成した混成チームの計4チームによるリーグ戦形式(総当たり)で熱戦が展開されました。
     戦績は、終始安定した試合運びに加え、女性選手の活躍で3戦全勝の「栗栖野チーム」が見事優勝の栄冠に輝きました。
     残り3チームは勝率で同率となりましたが、連の数・有効球数等を精査した結果、準優勝は混成チーム、第3位は真南条下チームとなり、本来実力のある小枕チームが無念の結果に終わりました・・・
     上位3チームには、「賞状」「トロフィー」「賞品」が授与され閉幕しました。
    戦績は以下のとおりです。

    【団体戦】
    優 勝…栗栖野チーム
    準優勝…混 成チーム
    第3位…真南条下チーム
    第4位…小枕チーム

     参加選手はじめ、自治会長会、体育部員の皆様、まち協スタッフ等全ての皆様のお陰で無事、平成30年度・まち協体育部の全事業を終えることが出来ました。重ねて感謝とお礼を申し上げます。
                          まち協体育部長 小稲

     


     


     
  • 城南地区まちづくり懇談会(2019/02/23)
    平成31年2月23日(土)
     まち協文化部主催の平成30年度まちづくり懇談会が、2月23日午後、コミセン城南会館で開催されました。
     来賓として、酒井篠山市長、畑中城南小学校校長他篠山市職員等をお迎えし、代表して酒井市長から「5月1日から丹波篠山市として生まれ変わる様々な記念行事を検討している。」ことなどの紹介がありました。
     つづいて本日のメインテーマである「高めよう、地域の防災力」と題して篠山市市民生活部市民安全課大上敬之防災係長から、昨年は、篠山市内でも風水害の被害が出て市内全部の避難所が開設されたこと、台風、大雨、洪水、地震などの災害に備えての日ごろからの行動計画を作っておくこと、そのために自治会単位での体制づくりの重要性などのお話をいただきました。また、会場には、携帯コンロ、保存食や飲料などの防災グッズなどが展示されました。
     いつ起こるかわからない自然災害に備えて、自治会単位などで近隣住民が助け合えるよう日頃から行動計画などを話し合うことの重要性を痛感しました。

     


     


     
最近の風のトップへ
篠山市役所の新着情報
兵庫県からのお知らせ
メインメニュー
地域のお宝満載
城南の風チャンネル
今後の予定
篠山に関するつぶやきを集めてみました