最近の風
  • 伝統守ろう”二村神社の秋祭りで太鼓神輿復活”(2017/10/08)
    平成29年10月7日
     真南条の二村神社で10月7日(土)・8日(日)秋祭りが行われた。久しぶりに太鼓神輿が奉納され、境内に元気な掛け声と太鼓の音を響かせました。
     夜宮の7日(土)一基の太鼓神輿が真南条地内を回り、夜には三ケ村の高張りとともに勇壮に宮入し、神社境内を練り歩きました。
     8日(日)の本宮では本殿において神事が執り行われ、五穀豊穣への感謝と地域の安全がお祈りされました。その後太鼓神輿の練り歩きと餅まきがあり、この日ばかりは境内では久しぶりに賑わい、鎮守の森も活気で溢れていました。
     今から60年数年ぐらい前まで二村神社の秋祭りは、「真南条の喧嘩祭り」として有名でした。各集落から三基の太鼓神輿が互いにぶつかり合う、それは勇壮なものでしたが、喧嘩祭りもなくなりました。また、奉納されていた引山(ダンジリの)姿を知る人も年々減ってきています。
     平成15年頃まで各集落で太鼓神輿を出していましたが、少子高齢化などで各集落とも太鼓神輿を出すことが難しくなり、高張り奉納のみの祭礼でした。平成19年から21年にかけて始めて三ケ村で一基出ましたが、その後出ていません。
     しかし、歴史ある二村神社の祭礼で太鼓神輿を子供たちに体験させ、良き歴史的文化を継承することが大切との話から、村の役員さんが中心に話し合い、住民のご理解とご協力のもと8年ぶりに復活することが出来ました。今後太鼓神輿の保存は大変ですが、この素晴らしい伝統が続けられることを願っています。

    城南の風チャンネルでは平成6年の祭礼、太鼓神輿の様子をご覧になれます。
    https://www.youtube.com/watch?v=ytwkTO_69JE&t=4s
    https://www.youtube.com/watch?v=aU-o9yvvs8k&t=14s
  • 岩崎の秋祭りと子供樽神輿(2017/10/08)
    平成29年10月8日
     岩崎のお宮は春日三社といい、一つのお社に「春日神社」「八幡大神」「加茂大神」の三つの神様がお祀りされています。
     秋の大祭には、餅撒や子供相撲があり、子供たちには楽しいお祭りでした。ところが昭和40年過ぎから少子化のため子供相撲も無くなり寂しいお祭りとなりました。
     昭和58年に子供に「楽しいお祭り」をと、当時の親たちが考えて、子供樽神輿を作ろうと、お父さんたちは神輿を、お母さんたちは子供用のハッピをと毎晩公民館に集まり作り上げました。
     村にあった約百年前の太鼓も革を張り替え、お祭りに音頭をとっております。
     小学生はもとより中学生も幼い子供も、また、親戚や他の地でお住まいの子供たちもお祭りに参加し、田舎の楽しい村祭が行われています。

    「百年前の太鼓」伝説
     岩崎の春日神社には、元々太鼓神輿があったそうです。神輿の屋台は二村神社(真南条)に納められた。(担手がいなくなったのか、寄贈したのか理由は定かでない)太鼓だけが岩崎村に残り、村集会の寄せ太鼓として昭和30年代後半まで打ち鳴らされていた。
  • リサイクルバザー(2017/09/23)
    平成29年9月23日
     9月17日(日)に予定されていた体育大会が、台風23号のため昨年に続いて中止になった関係で、まち協文化部主催のリサイクルバザーのみが9月23日(土)コミセンで開催されました。
     今年も各集落からタオルやシーツ、洗剤、衣類、食器類その他善意の品物が多数寄せられ、これらを格安の値段で販売するもので、当日開始時間の正午よりかなり前から行列ができました。予定通り午後3時に閉店しましたが、売上額は、5万円強になり、まち協の諸事業の経費として使われます。
     まだ少し品物が残っていますので、11月6日(日)に城南小学校体育館で開催される文化祭・収穫祭の会場でも販売しますので掘り出し物を見つけてお買い求めください。
       
       
  • まち・むら交流「成徳米」収穫祭(2017/09/10)
    平成29年9月10日(日)
     抜けるような秋晴れの下、神戸成徳地区から71名のお客様を迎えて成徳米収穫祭と称し、稲刈り作業が行われました。
     今年の5月13日、野中地区の大西さんの約3アールの田んぼに手植えした苗が見事に黄金色に実っており、これをのこぎり鎌で刈り取る作業に挑戦しました。子供たちも小さな手に恐る恐る鎌を持ち一生懸命作業をし、一部稲木にかけたりしながら約1時間で作業は完了しました。
     今後、大西さんに乾燥、もみすり、精米の作業をお願いし、10月には成徳地区の皆さんに新米を味わっていただける予定です。
     お昼は、アグリステーションで昼食です。栗や黒豆入りのおにぎり、あんもち、地元の野菜を使ったてんぷらなどのお昼ご飯に、一同大満足の様子でした。
     午後は、岩崎でさつまいも掘りです。大人も子供もシャベルで芋掘り作業、大きな芋が現れるたびに歓声を上げながら汗をふきふき作業を行いました。
     午後3時ごろさつまいものお土産を手にしながら帰路に着かれました。
     作業にかかわっていただいた皆さん、また料理を担当していただいた皆さん、本当にお疲れさまでした。
       
       
       
最近の風のトップへ
篠山市役所の新着情報
_MD_D3PIPES_ERR_REDIRECTED
(1)
http://www.city.sasayama.hyogo.jp/rss.xml ->
https://www.city.sasayama.hyogo.jp/rss.xml
兵庫県からのお知らせ
このサイトについて
このサイトについて
当サイトは「城南地区まちづくり協議会」(兵庫県篠山市)が運営しています。当協議会の広報に加え、地区内の行事や住民活動、その他地区内の様子などを住民の皆様はもとより、故郷を離れて暮らす方々、丹波篠山や城南地区にご関心をお持ちの皆様に向けてお届けしています。

城南地区まちづくり協議会とは
「まちづくり協議会」とは、ある区域の中で住民・事業者・関係権利者(地区外権利者も含む)が構成員となってまちづくりに取り組むための組織です。
当協議会は篠山市にある19のまちづくり協議会のなかで、4番目(平成22年4月)に誕生した「まち協」です。

まち・むら交流(都市と農村の連携)
当協議会は、平成22年度からの事業として、都市農村共生による地域の発展を目指し、神戸市灘区成徳地区「成徳ふれあいまちづくり協議会」との相互理解と信頼のもと、地域づくり、地域の課題解決、文化交流等の各種の活動を織り込んだ都市と農村の連携まちづくりをすすめています。
メインメニュー
地域のお宝満載
城南の風チャンネル
今後の予定
篠山に関するつぶやきを集めてみました